13.3.12. RHCOS イメージ設定の指定

inventory.yml ファイルの Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) イメージ設定を更新します。後にこのファイルを Playbook のいずれかとして実行すると、圧縮された Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) イメージが image_url URL から local_cmp_image_path ディレクトリーにダウンロードされます。次に Playbook はイメージを local_image_path ディレクトリーに展開し、これを使用して oVirt/RHV テンプレートを作成します。

手順

  1. インストールする OpenShift Container Platform バージョンの RHCOS イメージダウンロードページを見つけます(例: /pub/openshift-v4/dependencies/rhcos/latest/latest のインデックス )。
  2. このダウンロードページから、OpenStack qcow2 イメージの URL (https://mirror.openshift.com/pub/openshift-v4/dependencies/rhcos/4.7/latest/rhcos-openstack.x86_64.qcow2.gz など)をコピーします。
  3. 先のステップでダウンロードした inventory.yml Playbook を編集します。この中で、URL を image_url の値として貼り付けます。以下は例になります。

    rhcos:
      "https://mirror.openshift.com/pub/openshift-v4/dependencies/rhcos/4.7/latest/rhcos-openstack.x86_64.qcow2.gz"