13.4.18. マニフェストファイルの生成

インストールプログラムを使用して、アセットディレクトリーにマニフェストファイルのセットを生成します。

マニフェストファイルを生成するコマンドにより、install-config.yaml ファイルを使用する前に警告メッセージが表示されます。

install-config.yaml ファイルを再利用する予定の場合には、マニフェストファイルを生成する前にバックアップしてからバックアップコピーを作成してください。

手順

  1. オプション: install-config.yaml ファイルのバックアップコピーを作成します。

    $ cp install-config.yaml install-config.yaml.backup
  2. アセットディレクトリーにマニフェストのセットを生成します。

    $ openshift-install create manifests --dir $ASSETS_DIR

    このコマンドにより、以下の情報が表示されます。

    出力例

    INFO Consuming Install Config from target directory
    WARNING Making control-plane schedulable by setting MastersSchedulable to true for Scheduler cluster settings

    このコマンドにより、以下のマニフェストファイルが生成されます。

    出力例

    $ tree
    .
    └── wrk
        ├── manifests
        │   ├── 04-openshift-machine-config-operator.yaml
        │   ├── cluster-config.yaml
        │   ├── cluster-dns-02-config.yml
        │   ├── cluster-infrastructure-02-config.yml
        │   ├── cluster-ingress-02-config.yml
        │   ├── cluster-network-01-crd.yml
        │   ├── cluster-network-02-config.yml
        │   ├── cluster-proxy-01-config.yaml
        │   ├── cluster-scheduler-02-config.yml
        │   ├── cvo-overrides.yaml
        │   ├── etcd-ca-bundle-configmap.yaml
        │   ├── etcd-client-secret.yaml
        │   ├── etcd-host-service-endpoints.yaml
        │   ├── etcd-host-service.yaml
        │   ├── etcd-metric-client-secret.yaml
        │   ├── etcd-metric-serving-ca-configmap.yaml
        │   ├── etcd-metric-signer-secret.yaml
        │   ├── etcd-namespace.yaml
        │   ├── etcd-service.yaml
        │   ├── etcd-serving-ca-configmap.yaml
        │   ├── etcd-signer-secret.yaml
        │   ├── kube-cloud-config.yaml
        │   ├── kube-system-configmap-root-ca.yaml
        │   ├── machine-config-server-tls-secret.yaml
        │   └── openshift-config-secret-pull-secret.yaml
        └── openshift
            ├── 99_kubeadmin-password-secret.yaml
            ├── 99_openshift-cluster-api_master-user-data-secret.yaml
            ├── 99_openshift-cluster-api_worker-user-data-secret.yaml
            ├── 99_openshift-machineconfig_99-master-ssh.yaml
            ├── 99_openshift-machineconfig_99-worker-ssh.yaml
            └── openshift-install-manifests.yaml

次のステップ

  • コントロールプレーンノードをスケジュール対象外にします。