13.4.26. ワーカーノードの作成およびインストールの完了

ワーカーノードの作成は、コントロールプレーンノードの作成と同様です。ただし、ワーカーノードはクラスターに自動的に参加しません。これらをクラスターに追加するには、ワーカーの保留状態の CSR(証明書署名要求)を確認し、承認します。

最初の要求の承認後に、ワーカーノードがすべて承認されるまで CSR の承認を継続します。このプロセスが完了すると、ワーカーノードは Ready になり、Pod がそれらで実行されるようにスケジュールできます。

最後に、コマンドラインを監視し、インストールプロセスが完了するタイミングを確認します。

手順

  1. ワーカーノードを作成します。

    $ ansible-playbook -i inventory.yml workers.yml
  2. すべての CSR を一覧表示するには、以下を入力します。

    $ oc get csr -A

    最終的に、このコマンドはノードごとに 1 つの CSR を表示します。以下は例になります。

    出力例

    NAME        AGE    SIGNERNAME                                    REQUESTOR                                                                   CONDITION
    csr-2lnxd   63m    kubernetes.io/kubelet-serving                 system:node:ocp4-lk6b4-master0.ocp4.example.org                             Approved,Issued
    csr-hff4q   64m    kubernetes.io/kube-apiserver-client-kubelet   system:serviceaccount:openshift-machine-config-operator:node-bootstrapper   Approved,Issued
    csr-hsn96   60m    kubernetes.io/kubelet-serving                 system:node:ocp4-lk6b4-master2.ocp4.example.org                             Approved,Issued
    csr-m724n   6m2s   kubernetes.io/kube-apiserver-client-kubelet   system:serviceaccount:openshift-machine-config-operator:node-bootstrapper   Pending
    csr-p4dz2   60m    kubernetes.io/kube-apiserver-client-kubelet   system:serviceaccount:openshift-machine-config-operator:node-bootstrapper   Approved,Issued
    csr-t9vfj   60m    kubernetes.io/kubelet-serving                 system:node:ocp4-lk6b4-master1.ocp4.example.org                             Approved,Issued
    csr-tggtr   61m    kubernetes.io/kube-apiserver-client-kubelet   system:serviceaccount:openshift-machine-config-operator:node-bootstrapper   Approved,Issued
    csr-wcbrf   7m6s   kubernetes.io/kube-apiserver-client-kubelet   system:serviceaccount:openshift-machine-config-operator:node-bootstrapper   Pending

  3. 一覧をフィルターし、保留中の CSR のみを表示するには、以下を実行します。

    $ watch "oc get csr -A | grep pending -i"

    このコマンドは 2 秒ごとに出力を更新し、保留中の CSR のみを表示します。以下は例になります。

    出力例

    Every 2.0s: oc get csr -A | grep pending -i
    
    csr-m724n   10m   kubernetes.io/kube-apiserver-client-kubelet   system:serviceaccount:openshift-machine-config-operator:node-bootstrapper   Pending
    csr-wcbrf   11m   kubernetes.io/kube-apiserver-client-kubelet   system:serviceaccount:openshift-machine-config-operator:node-bootstrapper   Pending

  4. 保留中のそれぞれの要求を検査します。以下は例になります。

    出力例

    $ oc describe csr csr-m724n

    出力例

    Name:               csr-m724n
    Labels:             <none>
    Annotations:        <none>
    CreationTimestamp:  Sun, 19 Jul 2020 15:59:37 +0200
    Requesting User:    system:serviceaccount:openshift-machine-config-operator:node-bootstrapper
    Signer:             kubernetes.io/kube-apiserver-client-kubelet
    Status:             Pending
    Subject:
             Common Name:    system:node:ocp4-lk6b4-worker1.ocp4.example.org
             Serial Number:
             Organization:   system:nodes
    Events:  <none>

  5. CSR 情報が正しい場合は、要求を承認します。

    $ oc adm certificate approve csr-m724n
  6. インストールプロセスが完了するまで待機します。

    $ openshift-install wait-for install-complete --dir $ASSETS_DIR --log-level debug

    インストールが完了すると、コマンドラインには OpenShift Container Platform Web コンソールの URL と、管理者のユーザー名およびパスワードが表示されます。