13.3.18. テンプレートおよび仮想マシンの作成

inventory.yml の変数を確認した後に、最初の Ansible プロビジョニング Playbook create-templates-and-vms.yml を実行します。

この Playbook は、$HOME/.ovirt/ovirt-config.yaml から RHV Manager の接続パラメーターを使用し、アセットディレクトリーで metadata.json を読み取ります。

ローカルの Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) イメージが存在しない場合、Playbook は inventory.ymlimage_url に指定した URL からダウンロードします。これはイメージを展開し、これを RHV にアップロードしてテンプレートを作成します。

Playbook は、inventory.yml ファイルの control_planecompute プロファイルに基づいてテンプレートを作成します。これらのプロファイルの名前が異なる場合、2 つのテンプレートが作成されます。

Playbook が完了すると、作成される仮想マシンは停止します。他のインフラストラクチャー要素の設定に役立つ情報を取得できます。たとえば、仮想マシンの MAC アドレスを取得して、仮想マシンに永続的な IP アドレスを割り当てるように DHCP を設定できます。

手順

  1. inventory.ymlcontrol_plane および compute 変数で、type: high_performance の 両方のインスタンスを type: server に変更します。
  2. オプション: 同じクラスターに複数のインストールを実行する予定の場合には、OCP インストールごとに異なるテンプレートを作成します。inventory.yml ファイルで、template の値の先頭に infraID を付けます。以下は例になります。

      control_plane:
        cluster: "{{ ovirt_cluster }}"
        memory: 16GiB
        sockets: 4
        cores: 1
        template: "{{ metadata.infraID }}-rhcos_tpl"
        operating_system: "rhcos_x64"
        ...
  3. テンプレートおよび仮想マシンを作成します。

    $ ansible-playbook -i inventory.yml create-templates-and-vms.yml