12.4.14.8. Kuryr ポートプール

Kuryr ポートプールでは、Pod 作成のスタンバイ状態の多数のポートを維持します。

ポートをスタンバイ状態に維持すると、Pod の作成時間が必要最小限に抑えることができます。ポートプールを使用しない場合には、Kuryr は Pod が作成または削除されるたびにポートの作成または削除を明示的に要求する必要があります。

Kuryr が使用する Neutron ポートは、namespace に関連付けられるサブネットに作成されます。これらの Pod ポートは、OpenShift Container Platform クラスターノードのプライマリーポートにサブポートとして追加されます。

Kuryr は namespace をそれぞれ、別のサブネットに保存するため、namespace-worker ペアごとに別個のポートプールが維持されます。

クラスターをインストールする前に、cluster-network-03-config.yml マニフェストファイルに以下のパラメーターを設定して、ポートプールの動作を設定できます。

  • enablePortPoolsPrepopulation パラメーターで、プールの事前生成が制御されるので、Kuryr は新規ホストが追加される時や新規 namespace の作成時などの作成時に、Kuryr によりプールにポートが強制的に追加されるようにします。デフォルト値は false です。
  • poolMinPorts パラメーターは、プールに保持する空きポートの最小数です。デフォルト値は 1 です。
  • poolMaxPorts パラメーターは、プールに保持する空きポートの最大数です。値が 0 の場合は、上限が無効になります。これはデフォルト設定です。

    OpenStack ポートのクォータが低い場合や、Pod ネットワークで IP アドレスの数が限定されている場合には、このオプションを設定して、不要なポートが削除されるようにします。

  • poolBatchPorts パラメーターは、一度に作成可能な Neutron ポートの最大数を定義します。デフォルト値は 3 です。