12.2.10.7. Kuryr を使用した OpenStack のカスタマイズされた install-config.yaml ファイルのサンプル

デフォルトの OpenShift SDN ではなく Kuryr SDN を使用してデプロイするには、install-config.yaml ファイルを変更して Kuryr を必要な networking.networkType として追加してから、デフォルトの OpenShift Container Platform SDN インストール手順に進む必要があります。このサンプル install-config.yaml は、すべての可能な Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) カスタマイズオプションを示しています。

重要

このサンプルファイルは参照用にのみ提供されます。インストールプログラムを使用して install-config.yaml ファイルを取得する必要があります。

apiVersion: v1
baseDomain: example.com
controlPlane:
  name: master
  platform: {}
  replicas: 3
compute:
- name: worker
  platform:
    openstack:
      type: ml.large
  replicas: 3
metadata:
  name: example
networking:
  clusterNetwork:
  - cidr: 10.128.0.0/14
    hostPrefix: 23
  machineNetwork:
  - cidr: 10.0.0.0/16
  serviceNetwork:
  - 172.30.0.0/16 1
  networkType: Kuryr
platform:
  openstack:
    cloud: mycloud
    externalNetwork: external
    computeFlavor: m1.xlarge
    apiFloatingIP: 128.0.0.1
    trunkSupport: true 2
    octaviaSupport: true 3
pullSecret: '{"auths": ...}'
sshKey: ssh-ed25519 AAAA...
1
Amphora Octavia ドライバーは、ロードバランサーごとに 2 つのポートを作成します。そのため、インストーラーが作成するサービスサブネットは、serviceNetwork プロパティーの値として指定される CIDR のサイズは 2 倍になります。IP アドレスの競合を防ぐには、範囲をより広くする必要があります。
2 3
trunkSupportoctaviaSupport の両方はインストーラーによって自動的に検出されるため、それらを設定する必要はありません。ただし、ご使用の環境がこれらの両方の要件を満たさないと、Kuryr SDN は適切に機能しません。トランクは Pod を RHOSP ネットワークに接続するために必要であり、Octavia は OpenShift Container Platform サービスを作成するために必要です。