12.2.5. RHOSP での Swift の有効化

Swift は、swiftoperator ロールのあるユーザーアカウントによって操作されます。インストールプログラムを実行する前に、ロールをアカウントに追加します。

重要

Swift として知られる Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) オブジェクトストレージサービスが利用可能な場合、OpenShift Container Platform はこれをイメージレジストリーストレージとして使用します。利用できない場合、インストールプログラムは Cinder として知られる RHOSP ブロックストレージサービスに依存します。

Swift が存在し、これを使用する必要がある場合は、Swift へのアクセスを有効にする必要があります。これが存在しない場合や使用する必要がない場合は、このセクションを省略してください。

前提条件

  • ターゲット環境に RHOSP 管理者アカウントがあります。
  • Swift サービスがインストールされています。
  • Ceph RGW で、account in url オプションが有効化されています。

手順

RHOSP 上で Swift を有効にするには、以下を実行します。

  1. RHOSP CLI の管理者として、swiftoperator ロールを Swift にアクセスするアカウントに追加します。

    $ openstack role add --user <user> --project <project> swiftoperator

RHOSP デプロイメントでは、イメージレジストリーに Swift を使用することができます。