12.4.12. インストールプログラムのパラメーターの定義

OpenShift Container Platform インストールプログラムは、clouds.yaml というファイルを使用します。このファイルは、プロジェクト名、ログイン情報、認可サービスの URL を含む Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 設定パラメーターを説明します。

手順

  1. clouds.yaml ファイルを作成します。

    • RHOSP ディストリビューションに Horizon Web UI が含まれる場合には、そこに clouds.yaml ファイルを生成します。

      重要

      パスワードを必ず auth フィールドに追加してください。シークレットは、clouds.yaml別のファイルに保持できます。

    • RHOSP ディストリビューションに Horizon Web UI が含まれない場合や Horizon を使用する必要がない場合には、このファイルを独自に作成します。clouds.yaml についての詳細は、RHOSP ドキュメントの「Config files」を参照してください。

      clouds:
        shiftstack:
          auth:
            auth_url: http://10.10.14.42:5000/v3
            project_name: shiftstack
            username: shiftstack_user
            password: XXX
            user_domain_name: Default
            project_domain_name: Default
        dev-env:
          region_name: RegionOne
          auth:
            username: 'devuser'
            password: XXX
            project_name: 'devonly'
            auth_url: 'https://10.10.14.22:5001/v2.0'
  2. RHOSP インストールでエンドポイント認証用に自己署名認証局 (CA) を使用する場合、以下を実行します。

    1. 認証局ファイルをマシンにコピーします。
    2. cacerts キーを clouds.yaml ファイルに追加します。この値は、CA 証明書への絶対的な root 以外によるアクセスが可能なパスである必要があります。

      clouds:
        shiftstack:
          ...
          cacert: "/etc/pki/ca-trust/source/anchors/ca.crt.pem"
      ヒント

      カスタム CA 証明書を使用してインストーラーを実行した後に、cloud-provider-config キーマップの ca-cert.pem キーの値を編集して証明書を更新できます。コマンドラインで、以下を実行します。

      $ oc edit configmap -n openshift-config cloud-provider-config
  3. clouds.yaml ファイルを以下の場所のいずれかに置きます。

    1. OS_CLIENT_CONFIG_FILE 環境変数の値
    2. 現行ディレクトリー
    3. Unix 固有のユーザー設定ディレクトリー (例: ~/.config/openstack/clouds.yaml)
    4. Unix 固有のサイト設定ディレクトリー (例: /etc/openstack/clouds.yaml)

      インストールプログラムはこの順序で clouds.yaml を検索します。