12.5.3. OpenShift Container Platform を RHOSP にインストールするリソースのガイドライン

OpenShift Container Platform のインストールをサポートするために、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) クォータは以下の要件を満たす必要があります。

表12.25 RHOSP のデフォルトの OpenShift Container Platform クラスターについての推奨リソース

リソース

Floating IP アドレス

3

ポート

15

ルーター

1

サブネット

1

RAM

112 GB

vCPU

28

ボリュームストレージ

275 GB

インスタンス

7

セキュリティーグループ

3

セキュリティーグループルール

60

クラスターは推奨されるリソースよりもリソースが少ない場合にも機能する場合がありますが、その場合のパフォーマンスは保証されません。

重要

RHOSP オブジェクトストレージ (Swift) が利用可能で、swiftoperator ロールを持つユーザーアカウントによって操作されている場合、これは OpenShift Container Platform イメージレジストリーのデフォルトバックエンドとして使用されます。この場合、ボリュームストレージ要件は 175 GB です。Swift 領域要件は、イメージレジストリーのサイズによって異なります。

注記

デフォルトで、セキュリティーグループおよびセキュリティーグループルールのクォータは低く設定される可能性があります。問題が生じた場合には、管理者として openstack quota set --secgroups 3 --secgroup-rules 60 <project> を実行して値を増やします。

OpenShift Container Platform デプロイメントは、コントロールプレーンマシン、コンピュートマシン、およびブートストラップマシンで構成されます。

12.5.3.1. コントロールプレーンおよびコンピュートマシン

デフォルトで、OpenShift Container Platform インストールプロセスは 3 つのコントロールプレーンおよび 3 つのコンピュートマシンを使用します。

それぞれのマシンには以下が必要です。

  • RHOSP クォータからのインスタンス
  • RHOSP クォータからのポート
  • 少なくとも 16 GB のメモリー、4 つの vCPU および 25 GB のストレージ領域があるフレーバー
ヒント

コンピュートマシンは、OpenShift Container Platform で実行されるアプリケーションをホストします。できるだけ多くのアプリケーションを実行することが意図されています。

また、Single-root Input/Output Virtualization (SR-IOV) を使用するクラスターの場合、RHOSP コンピュートノードには Huge Page をサポートするフレーバーが必要です。

重要

SR-IOV デプロイメントでは、多くの場合、専用の CPU や分離された CPU などのパフォーマンスの最適化が駆使されます。パフォーマンスを最大化するには、基礎となる RHOSP デプロイメントをこれらの最適化機能を使用するように設定してから、 OpenShift Container Platform コンピュートマシンを最適化されたインフラストラクチャーで実行するように設定します。

関連情報