12.4.9. Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) イメージの作成

OpenShift Container Platform インストールプログラムでは、Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) イメージが Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) クラスターに存在する必要があります。最新の RHCOS イメージを取得した後、RHOSP CLI を使用してこれをアップロードします。

前提条件

  • RHOSP CLI がインストールされています。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの製品ダウンロードページにログインします。
  2. Version で、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8 用の OpenShift Container Platform 4.7 の最新リリースを選択します。

    重要

    RHCOS イメージは OpenShift Container Platform の各リリースごとに変更されない可能性があります。インストールする OpenShift Container Platform バージョンと等しいか、それ以下のバージョンの内で最も新しいバージョンのイメージをダウンロードする必要があります。利用可能な場合は、OpenShift Container Platform バージョンに一致するイメージのバージョンを使用します。

  3. Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) - OpenStack Image (QCOW) をダウンロードします。
  4. イメージを展開します。

    注記

    クラスターが使用する前に RHOSP イメージを圧縮解除する必要があります。ダウンロードしたファイルの名前に、.gz または .tgz などの圧縮拡張子が含まれていない場合があります。ファイルを圧縮するか、またはどのように圧縮するかを確認するには、コマンドラインで以下を入力します。

    $ file <name_of_downloaded_file>
  5. ダウンロードしたイメージから、RHOSP CLI を使用して rhcos という名前のイメージをクラスターに作成します。

    $ openstack image create --container-format=bare --disk-format=qcow2 --file rhcos-${RHCOS_VERSION}-openstack.qcow2 rhcos
    重要

    RHOSP 環境によっては、.raw または .qcow2 形式のいずれかでイメージをアップロードできる場合があります。Ceph を使用する場合は、.raw 形式を使用する必要があります。

    警告

    インストールプログラムが同じ名前を持つ複数のイメージを見つける場合、それらのイメージのいずれかがランダムに選択されます。この動作を回避するには、RHOSP でリソースの一意の名前を作成します。

RHOSP にイメージをアップロードした後は、インストールプログラムでイメージを利用できます。