12.3.19. RHOSP でのコントロールプレーンの作成

生成した Ignition 設定ファイルを使用して 3 つのコントロールプレーンマシンを作成します。Red Hat は、このプロセスを単純化するために実行する Ansible Playbook を提供しています。

前提条件

  • 「Playbook 依存関係のダウンロード」でモジュールをダウンロードしている。
  • 「インストール Playbook のダウンロード」で Playbook をダウンロードしている。
  • インストールプログラムのメタデータファイルのインフラストラクチャー ID は環境変数 ($INFRA_ID) として設定されます。
  • inventory.yamlcommon.yaml、および control-plane.yaml Ansible Playbook は共通ディレクトリーにあります。
  • 「コントロールプレーンの Ignition 設定ファイルの作成」で作成された 3 つの Ignition ファイルがある。

手順

  1. コマンドラインで、作業ディレクトリーを Playbook の場所に切り替えます。
  2. コントロールプレーン Ignition 設定ファイルが作業ディレクトリーにない場合、それらをここにコピーします。
  3. コマンドラインで、control-plane.yaml Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -i inventory.yaml control-plane.yaml
  4. 以下のコマンドを実行してブートストラッププロセスをモニターします。

    $ openshift-install wait-for bootstrap-complete

    コントロールプレーンマシンが実行され、クラスターに参加していることを確認できるメッセージが表示されます。

    INFO API v1.14.6+f9b5405 up
    INFO Waiting up to 30m0s for bootstrapping to complete...
    ...
    INFO It is now safe to remove the bootstrap resources