12.3.16. RHOSP でのコントロールプレーンの Ignition 設定ファイルの作成

独自のインフラストラクチャーを使用して OpenShift Container Platform を Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) にインストールするには、コントロールプレーンの Ignition 設定ファイルが必要です。複数の設定ファイルを作成する必要があります。

注記

ブートストラップ Ignition 設定と同様に、各コントロールプレーンマシンのホスト名を明示的に定義する必要があります。

前提条件

  • インストールプログラムのメタデータファイルのインフラストラクチャー ID は環境変数 ($INFRA_ID) として設定されます。

    • 変数が設定されていない場合は、「Kubernetes マニフェストおよび Ignition 設定ファイルの作成」について参照してください。

手順

  • コマンドラインで、以下の Python スクリプトを実行します。

    $ for index in $(seq 0 2); do
        MASTER_HOSTNAME="$INFRA_ID-master-$index\n"
        python -c "import base64, json, sys;
    ignition = json.load(sys.stdin);
    storage = ignition.get('storage', {});
    files = storage.get('files', []);
    files.append({'path': '/etc/hostname', 'mode': 420, 'contents': {'source': 'data:text/plain;charset=utf-8;base64,' + base64.standard_b64encode(b'$MASTER_HOSTNAME').decode().strip(), 'verification': {}}, 'filesystem': 'root'});
    storage['files'] = files;
    ignition['storage'] = storage
    json.dump(ignition, sys.stdout)" <master.ign >"$INFRA_ID-master-$index-ignition.json"
    done

    以下の 3 つのコントロールプレーン Ignition ファイルが作成されます。<INFRA_ID>-master-0-ignition.json<INFRA_ID>-master-1-ignition.json、および <INFRA_ID>-master-2-ignition.json