12.4.11. 環境へのアクセスの有効化

デプロイ時に、OpenShift Container Platform マシンはすべて Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) テナントネットワークに作成されます。したがって、ほとんどの RHOSP デプロイメントでは直接アクセスできません。

インストール時に Floating IP アドレス (FIP) を使用して OpenShift Container Platform API およびアプリケーションのアクセスを設定できます。FIP を設定せずにインストールを完了することもできますが、インストーラーは API またはアプリケーションを外部からアクセスする方法を設定しません。

12.4.11.1. floating IP アドレスを使ったアクセスの有効化

OpenShift Container Platform API、クラスターアプリケーション、およびブートストラッププロセスへの外部アクセス用に Floating IP (FIP) アドレスを作成します。

手順

  1. Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) CLI を使用して、API FIP を作成します。

    $ openstack floating ip create --description "API <cluster_name>.<base_domain>" <external_network>
  2. Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) CLI を使用して、apps (アプリ)、または Ingress、FIP を作成します。

    $ openstack floating ip create --description "Ingress <cluster_name>.<base_domain>" <external_network>
  3. Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) CLI を使用して、ブートストラップ FIP を作成します。

    $ openstack floating ip create --description "bootstrap machine" <external_network>
  4. API および Ingress FIP の DNS サーバーに、これらのパターンに準拠するレコードを追加します。

    api.<cluster_name>.<base_domain>.  IN  A  <API_FIP>
    *.apps.<cluster_name>.<base_domain>. IN  A <apps_FIP>
    注記

    DNS サーバーを制御しない場合は、/etc/hosts ファイルにレコードを追加できます。このアクションにより、API は他者のアクセスできない状態になり、この状態は実稼働デプロイメントには適していませんが、開発およびテスト目的のインストールが可能になります。

  5. FIP を以下の変数の値として inventory.yaml ファイルに追加します。

    • os_api_fip
    • os_bootstrap_fip
    • os_ingress_fip

これらの値を使用する場合には、inventory.yaml ファイルの os_external_network 変数の値として外部ネットワークを入力する必要もあります。

ヒント

Floating IP アドレスを割り当て、ファイアウォール設定を更新することで、OpenShift Container Platform リソースがクラスター外で利用できる状態にすることができます。