12.2.2. Kuryr SDN について

Kuryr は、Neutron および Octavia Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) サービスを使用して Pod およびサービスのネットワークを提供する Container Network Interface (CNI) プラグインです。

Kuryr と OpenShift Container Platform の統合は主に、RHOSP の仮想マシンで実行する OpenShift Container Platform クラスター用に設計されました。Kuryr は、OpenShift Container Platform Pod を RHOSP SDN にプラグインしてネットワークのパフォーマンスを強化します。さらに、これは Pod と RHOSP 仮想インスタンス間の接続を可能にします。

Kuryr コンポーネントは openshift-kuryr namespace を使用して OpenShift Container Platform の Pod としてインストールされます。

  • kuryr-controller: master ノードにインストールされる単一のサービスインスタンスです。これは、OpenShift Container Platform で Deployment としてモデリングされます。
  • kuryr-cni: 各 OpenShift Container Platform ノードで Kuryr を CNI ドライバーとしてインストールし、設定するコンテナーです。これは、OpenShift Container Platform で DaemonSet オブジェクトとしてモデリングされます。

Kuryr コントローラーは OpenShift Container Platform API サーバーで Pod、サービスおよび namespace の作成、更新、および削除イベントについて監視します。これは、OpenShift Container Platform API 呼び出しを Neutron および Octavia の対応するオブジェクトにマップします。そのため、Neutron トランクポート機能を実装するすべてのネットワークソリューションを使用して、Kuryr 経由で OpenShift Container Platform をサポートすることができます。これには、Open vSwitch (OVS) および Open Virtual Network (OVN) などのオープンソースソリューションや Neutron と互換性のある市販の SDN が含まれます。

Kuryr は、カプセル化された RHOSP テナントネットワーク上の OpenShift Container Platform デプロイメントに使用することが推奨されています。これは、 RHOSP ネットワークでカプセル化された OpenShift Container Platform SDN を実行するなど、二重のカプセル化を防ぐために必要です。

プロバイダーネットワークまたはテナント VLAN を使用する場合は、二重のカプセル化を防ぐために Kuryr を使用する必要はありません。パフォーマンス上の利点はそれほど多くありません。ただし、設定によっては、Kuryr を使用して 2 つのオーバーレイが使用されないようにすることには利点がある場合があります。

Kuryr は、以下のすべての基準が true であるデプロイメントでは推奨されません。

  • RHOSP のバージョンが 16 よりも前のバージョンである。
  • デプロイメントで UDP サービスが使用されているか、または少数のハイパーバイザーで多数の TCP サービスが使用されている。

または、以下を実行します。

  • ovn-octavia Octavia ドライバーが無効にされている。
  • デプロイメントで、少数のハイパーバイザーで多数の TCP サービスが使用されている。