3.5. OpenShift Container Platform イメージリポジトリーのミラーリング

クラスターのインストールまたはアップグレード時に使用するために、OpenShift Container Platform イメージリポジトリーをお使いのレジストリーにミラーリングします。

前提条件

  • ミラーホストがインターネットにアクセスできる。
  • ネットワークが制限された環境で使用するミラーレジストリーを設定し、設定した証明書および認証情報にアクセスできる。
  • Red Hat OpenShift Cluster Manager のサイトの「Pull Secret」ページからプルシークレットをダウンロードしており、ミラーリポジトリーに認証を組み込むようにこれを変更している。
  • Subject Alternative Name が設定されていない自己署名証明書を使用する場合は、この手順の oc コマンドの前に GODEBUG=x509ignoreCN=0 を追加する必要があります。この変数を設定しない場合、oc コマンドは以下のエラーを出して失敗します。

    x509: certificate relies on legacy Common Name field, use SANs or temporarily enable Common Name matching with GODEBUG=x509ignoreCN=0

手順

ミラーホストで以下の手順を実行します。

  1. OpenShift Container Platform ダウンロード」ページを確認し、インストールする必要のある OpenShift Container Platform のバージョンを判別し、「Repository Tags」ページで対応するタグを判別します。
  2. 必要な環境変数を設定します。

    1. リリースバージョンをエクスポートします。

      $ OCP_RELEASE=<release_version>

      <release_version> について、インストールする OpenShift Container Platform のバージョンに対応するタグを指定します (例: 4.5.4)。

    2. ローカルレジストリー名とホストポートをエクスポートします。

      $ LOCAL_REGISTRY='<local_registry_host_name>:<local_registry_host_port>'

      <local_registry_host_name> については、ミラーレジストリーのレジストリードメイン名を指定し、<local_registry_host_port> については、コンテンツの送信に使用するポートを指定します。

    3. ローカルリポジトリー名をエクスポートします。

      $ LOCAL_REPOSITORY='<local_repository_name>'

      <local_repository_name> については、ocp4/openshift4 などのレジストリーに作成するリポジトリーの名前を指定します。

    4. ミラーリングするリポジトリーの名前をエクスポートします。

      $ PRODUCT_REPO='openshift-release-dev'

      実稼働環境のリリースの場合には、openshift-release-dev を指定する必要があります。

    5. パスをレジストリープルシークレットにエクスポートします。

      $ LOCAL_SECRET_JSON='<path_to_pull_secret>'

      <path_to_pull_secret> については、作成したミラーレジストリーのプルシークレットの絶対パスおよびファイル名を指定します。

    6. リリースミラーをエクスポートします。

      $ RELEASE_NAME="ocp-release"

      実稼働環境のリリースについては、ocp-release を指定する必要があります。

    7. サーバーのアーキテクチャーのタイプをエクスポートします (例: x86_64)。

      $ ARCHITECTURE=<server_architecture>
    8. ミラーリングされたイメージをホストするためにディレクトリーへのパスをエクスポートします。

      $ REMOVABLE_MEDIA_PATH=<path> 1
      1
      最初のスラッシュ (/) 文字を含む完全パスを指定します。
  3. バージョンイメージを内部コンテナーレジストリーにミラーリングします。

    • ミラーホストがインターネットにアクセスできない場合は、以下の操作を実行します。

      1. リムーバブルメディアをインターネットに接続しているシステムに接続します。
      2. ミラーリングするイメージおよび設定マニフェストを確認します。

        $ oc adm release mirror -a ${LOCAL_SECRET_JSON}  \
             --from=quay.io/${PRODUCT_REPO}/${RELEASE_NAME}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE} \
             --to=${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_REPOSITORY} \
             --to-release-image=${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_REPOSITORY}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE} --dry-run
      3. 直前のコマンドの出力の imageContentSources セクション全体を記録します。ミラーの情報はミラーリングされたリポジトリーに一意であり、インストール時に imageContentSources セクションを install-config.yaml ファイルに追加する必要があります。
      4. イメージをリムーバブルメディア上のディレクトリーにミラーリングします。

        $ oc adm release mirror -a ${LOCAL_SECRET_JSON} --to-dir=${REMOVABLE_MEDIA_PATH}/mirror quay.io/${PRODUCT_REPO}/${RELEASE_NAME}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE}
      5. メディアをネットワークが制限された環境に移し、イメージをローカルコンテナーレジストリーにアップロードします。

        $ oc image mirror -a ${LOCAL_SECRET_JSON} --from-dir=${REMOVABLE_MEDIA_PATH}/mirror "file://openshift/release:${OCP_RELEASE}*" ${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_REPOSITORY} 1
        1
        REMOVABLE_MEDIA_PATH の場合、イメージのミラーリング時に指定した同じパスを使用する必要があります。
    • ローカルコンテナーレジストリーがミラーホストに接続されている場合は、以下の操作を実行します。

      1. 以下のコマンドを使用して、リリースイメージをローカルレジストリーに直接プッシュします。

        $ oc adm release mirror -a ${LOCAL_SECRET_JSON}  \
             --from=quay.io/${PRODUCT_REPO}/${RELEASE_NAME}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE} \
             --to=${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_REPOSITORY} \
             --to-release-image=${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_REPOSITORY}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE}

        このコマンドは、リリース情報をダイジェストとしてプルします。その出力には、クラスターのインストール時に必要な imageContentSources データが含まれます。

      2. 直前のコマンドの出力の imageContentSources セクション全体を記録します。ミラーの情報はミラーリングされたリポジトリーに一意であり、インストール時に imageContentSources セクションを install-config.yaml ファイルに追加する必要があります。

        注記

        ミラーリングプロセス中にイメージ名に Quay.io のパッチが適用され、podman イメージにはブートストラップ仮想マシンのレジストリーに Quay.io が表示されます。

  4. ミラーリングしたコンテンツをベースとしているインストールプログラムを作成するには、これを展開し、リリースに固定します。

    • ミラーホストがインターネットにアクセスできない場合は、以下のコマンドを実行します。

      $ oc adm release extract -a ${LOCAL_SECRET_JSON} --command=openshift-install "${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_REPOSITORY}:${OCP_RELEASE}"
    • ローカルコンテナーレジストリーがミラーホストに接続されている場合は、以下のコマンドを実行します。

      $ oc adm release extract -a ${LOCAL_SECRET_JSON} --command=openshift-install "${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_REPOSITORY}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE}"
      重要

      選択した OpenShift Container Platform バージョンに適したイメージを使用するには、ミラーリングされたコンテンツからインストールプログラムを展開する必要があります。

      インターネット接続のあるマシンで、このステップを実行する必要があります。

      非接続環境を使用している場合には、must-gather の一部として --image フラグを使用し、ペイロードイメージを参照します。

  5. インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用するクラスターの場合は、以下のコマンドを実行します。

    $ openshift-install