12.5.12. インストール設定ファイルの作成

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) にインストールする OpenShift Container Platform クラスターをカスタマイズできます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform インストールプログラム、およびクラスターのプルシークレットを取得します。ネットワークが制限されたインストールでは、これらのファイルがミラーホスト上に置かれます。
  • ミラーレジストリーの作成時に生成された imageContentSources 値を使用します。
  • ミラーレジストリーの証明書の内容を取得します。
  • Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) イメージを取得し、これをアクセス可能な場所にアップロードします。
  • サブスクリプションレベルでサービスプリンシパルのパーミッションを取得します。

手順

  1. install-config.yaml ファイルを作成します。

    1. インストールプログラムが含まれるディレクトリーに切り替え、以下のコマンドを実行します。

      $ ./openshift-install create install-config --dir=<installation_directory> 1
      1
      <installation_directory> の場合、インストールプログラムが作成するファイルを保存するためにディレクトリー名を指定します。
      重要

      空のディレクトリーを指定します。ブートストラップ X.509 証明書などの一部のインストールアセットの有効期限は短く設定されているため、インストールディレクトリーを再利用することができません。別のクラスターインストールの個別のファイルを再利用する必要がある場合は、それらをディレクトリーにコピーすることができます。ただし、インストールアセットのファイル名はリリース間で変更される可能性があります。インストールファイルを以前のバージョンの OpenShift Container Platform からコピーする場合は注意してコピーを行ってください。

    2. プロンプト時に、クラウドの設定の詳細情報を指定します。

      1. オプション: クラスターマシンにアクセスするために使用する SSH キーを選択します。

        注記

        インストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要のある実稼働用の OpenShift Container Platform クラスターでは、ssh-agent プロセスが使用する SSH キーを指定します。

      2. ターゲットに設定するプラットフォームとして openstack を選択します。
      3. クラスターのインストールに使用する Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) の外部ネットワーク名を指定します。
      4. OpenShift API への外部アクセスに使用する floating IP アドレスを指定します。
      5. コントロールプレーンおよびコンピュートノードに使用する 16 GB 以上の RAM で RHOSP フレーバーを指定します。
      6. クラスターをデプロイするベースドメインを選択します。すべての DNS レコードはこのベースのサブドメインとなり、クラスター名も含まれます。
      7. クラスターの名前を入力します。名前は 14 文字以下でなければなりません。
      8. Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの 「Pull Secret」ページから取得したプルシークレットを貼り付けます。
  2. install-config.yaml ファイルで、platform.openstack.clusterOSImage の値をイメージの場所または名前に設定します。以下は例になります。

    platform:
      openstack:
          clusterOSImage: http://mirror.example.com/images/rhcos-43.81.201912131630.0-openstack.x86_64.qcow2.gz?sha256=ffebbd68e8a1f2a245ca19522c16c86f67f9ac8e4e0c1f0a812b068b16f7265d
  3. install-config.yaml ファイルを編集し、ネットワークが制限された環境でのインストールに必要な追加の情報を提供します。

    1. pullSecret の値を更新して、レジストリーの認証情報を追加します。

      pullSecret: '{"auths":{"<mirror_host_name>:5000": {"auth": "<credentials>","email": "you@example.com"}}}'

      <mirror_host_name> の場合、ミラーレジストリーの証明書で指定したレジストリードメイン名を指定し、 <credentials> の場合は、ミラーレジストリーの base64 でエンコードされたユーザー名およびパスワードを指定します。

    2. additionalTrustBundle パラメーターおよび値を追加します。

      additionalTrustBundle: |
        -----BEGIN CERTIFICATE-----
        ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
        -----END CERTIFICATE-----

      この値は、ミラーレジストリーに使用した証明書ファイルの内容である必要があります。これはミラーレジストリー用に生成した既存の、信頼される認証局または自己署名証明書である可能性があります。

    3. 以下のようなイメージコンテンツリソースを追加します。

      imageContentSources:
      - mirrors:
        - <mirror_host_name>:5000/<repo_name>/release
        source: quay.example.com/openshift-release-dev/ocp-release
      - mirrors:
        - <mirror_host_name>:5000/<repo_name>/release
        source: registry.example.com/ocp/release

      これらの値を完了するには、ミラーレジストリーの作成時に記録された imageContentSources を使用します。

  4. 必要な install-config.yaml ファイルに他の変更を加えます。利用可能なパラメーターの詳細については、「インストール設定パラメーター」セクションを参照してください。
  5. install-config.yaml ファイルをバックアップし、複数のクラスターをインストールするのに使用できるようにします。

    重要

    install-config.yaml ファイルはインストールプロセス時に使用されます。このファイルを再利用する必要がある場合は、この段階でこれをバックアップしてください。

これで、指定したディレクトリーに install-config.yaml ファイルが作成されます。