12.6.7.2.5. オプションの RHOSP 設定パラメーター

オプションの RHOSP 設定パラメーターは、以下の表で説明されています。

表12.36 オプションの RHOSP パラメーター

パラメーター詳細

compute.platform.openstack.additionalNetworkIDs

コンピュートマシンに関連付けられた追加のネットワーク。追加ネットワーク用に許可されるアドレスのペアは作成されません。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: fa806b2f-ac49-4bce-b9db-124bc64209bf

compute.platform.openstack.additionalSecurityGroupIDs

コンピュートマシンに関連付けられた追加のセキュリティーグループ。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: 7ee219f3-d2e9-48a1-96c2-e7429f1b0da7.

compute.platform.openstack.zones

マシンをインストールする RHOSP Compute (Nova) アベイラビリティーゾーン (AZs)。このパラメーターが設定されていない場合、インストーラーは RHOSP 管理者が設定した Nova のデフォルト設定に依存します。

Kuryr を使用するクラスターでは、RHOSP Octavia はアベイラビリティーゾーンをサポートしません。ロードバランサーおよび Amphora プロバイダードライバーを使用している場合、Amphora 仮想マシンに依存する OpenShift Container Platform サービスは、このプロパティーの値に基づいて作成されません。

文字列の一覧例: ["zone-1", "zone-2"]

controlPlane.platform.openstack.additionalNetworkIDs

コントロールプレーンマシンに関連付けられた追加のネットワーク。追加ネットワーク用に許可されるアドレスのペアは作成されません。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: fa806b2f-ac49-4bce-b9db-124bc64209bf

controlPlane.platform.openstack.additionalSecurityGroupIDs

コントロールプレーンマシンに関連付けられた追加のセキュリティーグループ。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: 7ee219f3-d2e9-48a1-96c2-e7429f1b0da7.

controlPlane.platform.openstack.zones

マシンをインストールする RHOSP Compute (Nova) アベイラビリティーゾーン (AZs)。このパラメーターが設定されていない場合、インストーラーは RHOSP 管理者が設定した Nova のデフォルト設定に依存します。

Kuryr を使用するクラスターでは、RHOSP Octavia はアベイラビリティーゾーンをサポートしません。ロードバランサーおよび Amphora プロバイダードライバーを使用している場合、Amphora 仮想マシンに依存する OpenShift Container Platform サービスは、このプロパティーの値に基づいて作成されません。

文字列の一覧例: ["zone-1", "zone-2"]

platform.openstack.clusterOSImage

インストーラーが RHCOS イメージをダウンロードする場所。

ネットワークが制限された環境でインストールを実行するには、このパラメーターを設定する必要があります。

HTTP または HTTPS の URL (オプションで SHA-256 形式のチェックサムを使用)。

例: http://mirror.example.com/images/rhcos-43.81.201912131630.0-openstack.x86_64.qcow2.gz?sha256=ffebbd68e8a1f2a245ca19522c16c86f67f9ac8e4e0c1f0a812b068b16f7265d。この値は、既存の Glance イメージの名前にもなり得ます (例: my-rhcos)。

platform.openstack.clusterOSImageProperties

Glance のインストーラーでアップロードされた ClusterOSImage に追加するプロパティー。このプロパティーは、platform.openstack.clusterOSImage が既存の Glance イメージに設定されている場合は無視されます。

このプロパティーを使用し、ノードあたり 26 PV の RHOSP のデフォルト永続ボリューム (PV) の制限を超過することができます。制限を超えるには、hw_scsi_model プロパティーの値を virtio-scsi に設定し、hw_disk_bus の値を scsi に設定します。

このプロパティーを使用し、hw_qemu_guest_agent プロパティーを yes の値で追加して QEMU ゲストエージェントを有効にすることもできます。

キーと値の文字列のペアの一覧。例: ["hw_scsi_model": "virtio-scsi", "hw_disk_bus": "scsi"]

platform.openstack.defaultMachinePlatform

デフォルトのマシンプールプラットフォームの設定。

{
   "type": "ml.large",
   "rootVolume": {
      "size": 30,
      "type": "performance"
   }
}

platform.openstack.ingressFloatingIP

Ingress ポートに関連付ける既存の Floating IP アドレス。このプロパティーを使用するには、platform.openstack.externalNetwork プロパティーも定義する必要があります。

IP アドレス (例: 128.0.0.1)。

platform.openstack.apiFloatingIP

API ロードバランサーに関連付ける既存の Floating IP アドレス。このプロパティーを使用するには、platform.openstack.externalNetwork プロパティーも定義する必要があります。

IP アドレス (例: 128.0.0.1)。

platform.openstack.externalDNS

クラスターインスタンスが DNS 解決に使用する外部 DNS サーバーの IP アドレス。

文字列としての IP アドレスの一覧。例: ["8.8.8.8", "192.168.1.12"]

platform.openstack.machinesSubnet

クラスターのノードが使用する RHOSP サブネットの UUID。ノードおよび仮想 IP (VIP) ポートがこのサブネットに作成されます。

networking.machineNetwork の最初の項目は machinesSubnet の値に一致する必要があります。

カスタムサブネットにデプロイする場合、OpenShift Container Platform インストーラーに外部 DNS サーバーを指定することはできません。代わりに、DNS を RHOSP のサブネットに追加します。

文字列としての UUID。例: fa806b2f-ac49-4bce-b9db-124bc64209bf