12.6.7.2.4. 追加の Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 設定パラメーター

追加の RHOSP 設定パラメーターは以下の表で説明されています。

表12.35 追加の RHOSP パラメーター

パラメーター詳細

compute.platform.openstack.rootVolume.size

コンピュートマシンの場合、root ボリュームのギガバイトのサイズになります。この値を設定しない場合、マシンは一時ストレージを使用します。

整数 (例: 30)。

compute.platform.openstack.rootVolume.type

コンピュートマシンの場合、root のボリュームタイプです。

文字列 (例: performance)。

controlPlane.platform.openstack.rootVolume.size

コントロールプレーンマシンの場合、root ボリュームのギガバイトのサイズになります。この値を設定しない場合、マシンは一時ストレージを使用します。

整数 (例: 30)。

controlPlane.platform.openstack.rootVolume.type

コントロールプレーンマシンの場合、root ボリュームのタイプです。

文字列 (例: performance)。

platform.openstack.cloud

clouds.yaml ファイルのクラウド一覧にある使用する RHOCP クラウドの名前。

文字列 (例: MyCloud)。

platform.openstack.externalNetwork

インストールに使用される RHOSP の外部ネットワーク名。

文字列 (例: external)。

platform.openstack.computeFlavor

コントロールプレーンおよびコンピュートマシンに使用する RHOSP フレーバー。

このプロパティーは非推奨にされています。すべてのマシンプールのデフォルトとしてフレーバーを使用するには、これを platform.openstack.defaultMachinePlatform プロパティーで type キーの値として追加します。それぞれのマシンプールのフレーバー値を個別に設定することもできます。

文字列 (例: m1.xlarge)。