10.2.15. ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーでのインストールの完了

Operator 設定の完了後に、提供するインフラストラクチャーでのクラスターのインストールを終了できます。

前提条件

  • コントロールプレーンが初期化されています。
  • Operator の初期設定を完了済みです。

手順

  1. 以下のコマンドを使用して、すべてのクラスターコンポーネントがオンラインであることを確認します。

    $ watch -n5 oc get clusteroperators

    出力例

    NAME                                       VERSION AVAILABLE   PROGRESSING   DEGRADED   SINCE
    authentication                             4.7.0   True        False         False      3h56m
    baremetal                                  4.7.0   True        False         False      29h
    cloud-credential                           4.7.0   True        False         False      29h
    cluster-autoscaler                         4.7.0   True        False         False      29h
    config-operator                            4.7.0   True        False         False      6h39m
    console                                    4.7.0   True        False         False      3h59m
    csi-snapshot-controller                    4.7.0   True        False         False      4h12m
    dns                                        4.7.0   True        False         False      4h15m
    etcd                                       4.7.0   True        False         False      29h
    image-registry                             4.7.0   True        False         False      3h59m
    ingress                                    4.7.0   True        False         False      4h30m
    insights                                   4.7.0   True        False         False      29h
    kube-apiserver                             4.7.0   True        False         False      29h
    kube-controller-manager                    4.7.0   True        False         False      29h
    kube-scheduler                             4.7.0   True        False         False      29h
    kube-storage-version-migrator              4.7.0   True        False         False      4h2m
    machine-api                                4.7.0   True        False         False      29h
    machine-approver                           4.7.0   True        False         False      6h34m
    machine-config                             4.7.0   True        False         False      3h56m
    marketplace                                4.7.0   True        False         False      4h2m
    monitoring                                 4.7.0   True        False         False      6h31m
    network                                    4.7.0   True        False         False      29h
    node-tuning                                4.7.0   True        False         False      4h30m
    openshift-apiserver                        4.7.0   True        False         False      3h56m
    openshift-controller-manager               4.7.0   True        False         False      4h36m
    openshift-samples                          4.7.0   True        False         False      4h30m
    operator-lifecycle-manager                 4.7.0   True        False         False      29h
    operator-lifecycle-manager-catalog         4.7.0   True        False         False      29h
    operator-lifecycle-manager-packageserver   4.7.0   True        False         False      3h59m
    service-ca                                 4.7.0   True        False         False      29h
    storage                                    4.7.0   True        False         False      4h30m

    あるいは、以下のコマンドを使用すると、すべてのクラスターが利用可能な場合に通知されます。また、このコマンドは認証情報を取得して表示します。

    $ ./openshift-install --dir=<installation_directory> wait-for install-complete 1
    1
    <installation_directory> には、インストールファイルを保存したディレクトリーへのパスを指定します。

    出力例

    INFO Waiting up to 30m0s for the cluster to initialize...

    Cluster Version Operator が Kubernetes API サーバーから OpenShift Container Platform クラスターのデプロイを終了するとコマンドは成功します。

    重要

    インストールプログラムが生成する Ignition 設定ファイルには、24 時間が経過すると期限切れになり、その後に更新される証明書が含まれます。証明書を更新する前にクラスターが停止し、24 時間経過した後にクラスターを再起動すると、クラスターは期限切れの証明書を自動的に復元します。例外として、kubelet 証明書を回復するために保留状態の node-bootstrapper 証明書署名要求 (CSR)を手動で承認する必要があります。詳細は、コントロールプレーン証明書の期限切れの状態からのリカバリー についてのドキュメントを参照してください。

  2. Kubernetes API サーバーが Pod と通信していることを確認します。

    1. すべての Pod の一覧を表示するには、以下のコマンドを使用します。

      $ oc get pods --all-namespaces

      出力例

      NAMESPACE                         NAME                                            READY   STATUS      RESTARTS   AGE
      openshift-apiserver-operator      openshift-apiserver-operator-85cb746d55-zqhs8   1/1     Running     1          9m
      openshift-apiserver               apiserver-67b9g                                 1/1     Running     0          3m
      openshift-apiserver               apiserver-ljcmx                                 1/1     Running     0          1m
      openshift-apiserver               apiserver-z25h4                                 1/1     Running     0          2m
      openshift-authentication-operator authentication-operator-69d5d8bf84-vh2n8        1/1     Running     0          5m
      ...

    2. 以下のコマンドを使用して、直前のコマンドの出力に一覧表示される Pod のログを表示します。

      $ oc logs <pod_name> -n <namespace> 1
      1
      直前のコマンドの出力にあるように、Pod 名および namespace を指定します。

      Pod のログが表示される場合、Kubernetes API サーバーはクラスターマシンと通信できます。

  3. FCP (Fibre Channel Protocol) を使用したインストールでは、マルチパスを有効にするために追加の手順が必要です。インストール時にマルチパスを有効にしないでください。

    詳細は、インストール後の設定 ドキュメントの「RHCOS でのカーネル引数を使用したマルチパスの有効化」について参照してください。

    1. すべてのワーカーノードが再起動します。プロセスを監視するには、以下のコマンドを入力します。

      $ oc get nodes -w
      注記

      インフラストラクチャーノードなどの追加のマシンタイプがある場合は、これらのタイプについてこのプロセスを繰り返します。