5.9.7. Azure リソースグループおよびアイデンティティーの作成

Microsoft Azure リソースグループ およびリソースグループのアイデンティティーを作成する必要があります。これらはいずれも Azure での OpenShift Container Platform クラスターのインストール時に使用されます。

前提条件

  • Azure アカウントを設定します。
  • クラスターの Ignition 設定ファイルを生成します。

手順

  1. サポートされる Azure リージョンにリソースグループを作成します。

    $ az group create --name ${RESOURCE_GROUP} --location ${AZURE_REGION}
  2. リソースグループの Azure アイデンティティーを作成します。

    $ az identity create -g ${RESOURCE_GROUP} -n ${INFRA_ID}-identity

    これは、クラスター内の Operator に必要なアクセスを付与するために使用されます。たとえば、これにより Ingress Operator はパブリック IP およびそのロードバランサーを作成できます。Azure アイデンティティーをロールに割り当てる必要があります。

  3. Contributor ロールを Azure アイデンティティーに付与します。

    1. Azure ロールの割り当てで必要な以下の変数をエクスポートします。

      $ export PRINCIPAL_ID=`az identity show -g ${RESOURCE_GROUP} -n ${INFRA_ID}-identity --query principalId --out tsv`
      $ export RESOURCE_GROUP_ID=`az group show -g ${RESOURCE_GROUP} --query id --out tsv`
    2. Contributor ロールをアイデンティティーに割り当てます。

      $ az role assignment create --assignee "${PRINCIPAL_ID}" --role 'Contributor' --scope "${RESOURCE_GROUP_ID}"