4.2.4. IAM ユーザーの作成

各 Amazon Web Services (AWS) アカウントには、アカウントの作成に使用するメールアドレスに基づく root ユーザーアカウントが含まれます。これは高度な権限が付与されたアカウントであり、初期アカウントにのみ使用し、請求設定また初期のユーザーセットの作成およびアカウントのセキュリティー保護のために使用することが推奨されています。

OpenShift Container Platform をインストールする前に、セカンダリー IAM 管理ユーザーを作成します。AWS ドキュメントの「Creating an IAM User in Your AWS Account」手順を実行する際に、以下のオプションを設定します。

手順

  1. IAM ユーザー名を指定し、Programmatic access を選択します。
  2. AdministratorAccess ポリシーを割り当て、アカウントにクラスターを作成するために十分なパーミッションがあることを確認します。このポリシーはクラスターに対し、各 OpenShift Container Platform コンポーネントに認証情報を付与する機能を提供します。クラスターはコンポーネントに対し、それらが必要とする認証情報のみを付与します。

    注記

    必要なすべての AWS パーミッションを付与し、これをユーザーに割り当てるポリシーを作成することは可能ですが、これは優先されるオプションではありません。クラスターには追加の認証情報を個別コンポーネントに付与する機能がないため、同じ認証情報がすべてのコンポーネントによって使用されます。

  3. オプション: タグを割り当て、メタデータをユーザーに追加します。
  4. 指定したユーザー名に AdministratorAccess ポリシーが付与されていることを確認します。
  5. アクセスキー ID およびシークレットアクセスキーの値を記録します。ローカルマシンをインストールプログラムを実行するように設定する際にこれらの値を使用する必要があります。

    重要

    クラスターのデプロイ時に、マルチファクター認証デバイスの使用中に生成した一時的なセッショントークンを使用して AWS に対する認証を行うことはできません。クラスターは継続的に現行の AWS 認証情報を使用して、クラスターの有効期間全体にわたって AWS リソースを作成するため、キーをベースとした有効期間の長い認証情報を使用する必要があります。

関連情報

  • インストール前に Cloud Credential Operator (CCO) を手動モードに設定する手順については、AWS の IAM の手動作成について参照してください。このモードは、クラウドアイデンティティーおよびアクセス管理 (IAM) API に到達できない環境で使用するか、または管理者レベルの認証情報シークレットをクラスターの kube-system プロジェクトに保存する選択をしない場合に使用します。