8.3.8. ワーカーノードでのルーターのデプロイ

インストール時に、インストーラーはルーター Pod をワーカーノードにデプロイします。デフォルトで、インストーラーは 2 つのルーター Pod をインストールします。初期クラスターにワーカーノードが 1 つしかない場合や、デプロイされたクラスターで、OpenShift Container Platform クラスター内のサービスに対して予定される外部トラフィックを処理する追加のルーターが必要な場合、yaml ファイルを作成して適切なルーターレプリカ数を設定できます。

注記

デフォルトで、インストーラーは 2 つのルーターをデプロイします。クラスターにワーカーノードが 2 つ以上ある場合、このセクションを省略できます。

注記

クラスターにワーカーノードがない場合、インストーラーはデフォルトで 2 つのルーターをコントロールプレーンノードにデプロイします。クラスターにワーカーノードがない場合、このセクションを省略できます。

手順

  1. router-replicas.yaml ファイルを作成します。

    apiVersion: operator.openshift.io/v1
    kind: IngressController
    metadata:
      name: default
      namespace: openshift-ingress-operator
    spec:
      replicas: <num-of-router-pods>
      endpointPublishingStrategy:
        type: HostNetwork
      nodePlacement:
        nodeSelector:
          matchLabels:
            node-role.kubernetes.io/worker: ""
    注記

    <num-of-router-pods> を適切な値に置き換えます。1 つのワーカーノードのみを使用している場合、replicas:1 に設定します。4 つ以上のワーカーノードを使用している場合、replicas: のデフォルトの値 2 を随時増やすことができます。

  2. router-replicas.yaml ファイルを保存し、これを clusterconfigs/openshift ディレクトリーにコピーします。

    cp ~/router-replicas.yaml clusterconfigs/openshift/99_router-replicas.yaml