7.2.13. Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) マシンの作成

ユーザーによってプロビジョニングされるベアメタルインフラストラクチャーにクラスターをインストールする前に、それが使用する RHCOS マシンを作成する必要があります。ISO イメージまたはネットワーク PXE ブートを使用する手順を実行してマシンを作成することができます。

ISO および PXE インストール中に RHCOS を設定する方法は複数あります。これらには以下が含まれます。

  • カーネル引数: PXE インストールの場合、ライブインストーラーのカーネルに引数を 追加 できます。ISO インストールの場合は、ライブインストール起動プロセスを中断してカーネル引数を追加できます。いずれの場合も、特別な coreos.inst.* 引数を使用して、標準のカーネルサービスを無効/有効にするために、インストーラーや標準のブート引数を指定できます。
  • Ignition 設定: インストールするノードのタイプ (ワーカー、コントロールプレーン、またはブートストラップ) 用に OpenShift Container Platform Ignition 設定 (*.ign) ファイルを生成する必要があります。Ignition 設定の場所をインストール済みのシステムに渡し、初回の起動時に有効にされるようにします。特別なケースでは、ライブシステムに渡すために個別の制限付き Ignition 設定を作成できます。この Ignition 設定は、インストールが正常に完了したことをプロビジョニングシステムに報告するなどの一連のタスクを実行する可能性があります。この特別な Ignition 設定はインストーラーによって使用されるため、標準の worker および master Ignition 設定を含めるためには使用しないでください。
  • coreos-installer: ライブ ISO インストーラーをシェルプロンプトで起動できます。これにより、初回起動の前にさまざまな方法で永続的なシステムを準備できます。特に、coreos-installer コマンドを実行すると、追加するさまざまなアーティファクトを特定し、ディスクパーティションを使用し、ネットワークを設定できます。場合によっては、ライブシステムで機能を設定し、それらをインストールされたシステムにコピーできます。

ISO または PXE インストールを使用するかどうかは、状況によって異なります。PXE インストールには、利用可能な DHCP サービスとさらなる準備が必要ですが、インストールプロセスはさらに自動化することが可能です。ISO インストールは主に手動によるプロセスで、複数のマシンを設定する場合には使用しにくい可能性があります。

7.2.13.1. ISO イメージを使用した Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) マシンの作成

ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーにクラスターをインストールする前に、それが使用する RHCOS マシンを作成する必要があります。ISO イメージを使用してマシンを作成することができます。

前提条件

  • クラスターの Ignition 設定ファイルを取得している。
  • お使いのコンピューターからアクセスでき、作成するマシンからアクセスできる HTTP サーバーへのアクセスがある。

手順

  1. インストールプログラムが作成したコントロールプレーン、コンピュート、およびブートストラップ Ignition 設定を HTTP サーバーにアップロードします。これらのファイルの URL をメモします。

    重要

    インストールの完了後にコンピュートマシンをさらにクラスターに追加する予定の場合には、これらのファイルを削除しないでください。

  2. RHCOS イメージミラーページからオペレーティングシステムインスタンスをインストールするために優先される方法で必要な RHCOS イメージを取得します

    重要

    RHCOS イメージは OpenShift Container Platform の各リリースごとに変更されない可能性があります。インストールする OpenShift Container Platform バージョンと等しいか、それ以下のバージョンの内で最も新しいバージョンのイメージをダウンロードする必要があります。利用可能な場合は、OpenShift Container Platform バージョンに一致するイメージのバージョンを使用します。この手順には ISO イメージのみを使用します。RHCOS qcow2 イメージは、このインストールではサポートされません。

    ISO ファイルの名前は以下の例のようになります。

    rhcos-<version>-live.<architecture>.iso

  3. ISO を使用し、RHCOS インストールを開始します。以下のインストールオプションのいずれかを使用します。

    • ディスクに ISO イメージを書き込み、これを直接起動します。
    • LOM インターフェースで ISO リダイレクトを使用します。
  4. ISO イメージを起動します。インストール起動プロセスを中断して、カーネル引数を追加できます。ただし、この ISO 手順では、カーネル引数を追加する代わりに coreos-installer コマンドを使用する必要があります。オプションを指定せず、中断なしでライブインストーラーを実行する場合、インストーラーはライブシステムのシェルプロンプトで起動し、RHCOS をディスクにインストールする準備が整います。
  5. coreos-installer を実行する前に、ネットワークやディスクパーティションなどのさまざまな機能を設定する方法については、高度な RHCOS インストールの参照 セクションを参照してください。
  6. coreos-installer コマンドを実行します。最低でも、ノードタイプの Ignition 設定ファイルの場所と、インストールするディスクの場所を特定する必要があります。以下は例です。

    $ sudo coreos-installer install \
         --ignition-url=https://host/worker.ign /dev/sda
  7. RHCOS のインストール後に、システムは再起動します。システムの再起動後、指定した Ignition 設定ファイルを適用します。
  8. 継続してクラスターの他のマシンを作成します。

    重要

    この時点でブートストラップおよびコントロールプレーンマシンを作成する必要があります。コントロールプレーンマシンがデフォルトのスケジュール対象にされていない場合、クラスターのインストール前に少なくとも 2 つのコンピュートマシンを作成します。