18.7. クラスターリソースの可用性および使用状況の確認

OpenShift Container Platform は、クラスターコンポーネントの状態を理解するのに役立つ包括的なモニタリングダッシュボードのセットを提供します。

Administrator パースペクティブでは、以下を含む OpenShift Container Platform のコアコンポーネントのダッシュボードにアクセスできます。

  • etcd
  • Kubernetes コンピュートリソース
  • Kubernetes ネットワークリソース
  • Prometheus
  • クラスターおよびノードのパフォーマンスに関連するダッシュボード

図18.1 コンピュートリソースダッシュボードの例

monitoring dashboard compute resources

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。

手順

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールの Administrator パースペクティブで、MonitoringDashboards に移動します。
  2. Dashboard 一覧でダッシュボードを選択します。etcd ダッシュボードなどの一部のダッシュボードは、選択時に追加のサブメニューを生成します。
  3. 必要に応じて、Time Range 一覧でグラフの時間範囲を選択します。
  4. オプション: 、Refresh Interval を選択します。
  5. 特定の項目についての詳細情報を表示するには、ダッシュボードの各グラフにカーソルを合わせます。

関連情報