8.3.6.6. Dell の BMC アドレス指定

それぞれの bmc エントリーの address フィールドは、URL スキーム内のコントローラーのタイプやネットワーク上のその場所を含む、OpenShift Container Platform クラスターノードに接続する URL です。

platform:
  baremetal:
    hosts:
      - name: <hostname>
        role: <master | worker>
        bmc:
          address: <address>
          username: <user>
          password: <password>

Dell ハードウェアの場合、Red Hat は Redfish 仮想メディア、Redfish ネットワークブート、および IPMI をサポートします。

表8.4 Dell ハードウェアの BMC アドレス形式

プロトコルアドレスのフォーマット

Redfish 仮想メディア

idrac-virtualmedia://<out-of-band-ip>/redfish/v1/Systems/System.Embedded.1

Redfish ネットワークブート

redfish://<out-of-band-ip>/redfish/v1/Systems/System.Embedded.1

IPMI

ipmi://<out-of-band-ip>

重要

idrac-virtualmedia を Redfish 仮想メディアのプロトコルとして使用します。redfish-virtualmedia は Dell ハードウェアでは機能しません。Dell の idrac-virtualmedia は、Dell の OEM 拡張機能が含まれる Redfish 標準を使用します。

詳細は、以下のセクションを参照してください。

Dell の Redfish 仮想メディア

Dell サーバーの RedFish 仮想メディアについては、 address 設定で idrac-virtualmedia:// を使用します。redfish-virtualmedia:// を使用しても機能しません。

以下の例は、install-config.yaml ファイル内で iDRAC 仮想メディアを使用する方法を示しています。

platform:
  baremetal:
    hosts:
      - name: openshift-master-0
        role: master
        bmc:
          address: idrac-virtualmedia://<out-of-band-ip>/redfish/v1/Systems/System.Embedded.1
          username: <user>
          password: <password>

アウトバウンド管理のアドレスについて認証局の証明書を使用することが推奨されますが、自己署名証明書を使用する場合には、bmc 設定に disableCertificateVerification: True を含める必要があります。以下の例は、install-config.yaml ファイル内の disableCertificateVerification: True 設定パラメーターを使用する RedFish 設定を示しています。

platform:
  baremetal:
    hosts:
      - name: openshift-master-0
        role: master
        bmc:
          address: idrac-virtualmedia://<out-of-band-ip>/redfish/v1/Systems/System.Embedded.1
          username: <user>
          password: <password>
          disableCertificateVerification: True
注記

現時点で Redfish は、ベアメタルデプロイメント上のインストーラーでプロビジョニングされるインストール向け iDRAC ファームウェアのバージョン 4.20.20.20 から 04.40.00.00 のある Dell でのみサポートされます。バージョン 04.40.00.00 には既知の問題があります。iDRAC 9 ファームウェアのバージョンが 04.40.00.00 の場合、 Virtual Console プラグインはデフォルトで eHTML5 に設定されます。これにより、InsertVirtualMedia ワークフローに関する問題が生じます。この問題を回避するには、プラグインを HTML5 に設定します。メニューパスは以下の通りです。ConfigurationVirtual consolePlug-in TypeHTML5

OpenShift Container Platform クラスターノードについて、iDRAC コンソールで AutoAttach が有効にされていることを確認します。メニューパスは以下のようになります。ConfigurationVirtual MediaAttach ModeAutoAttach

idrac-virtualmedia:// を Redfish 仮想メディアのプロトコルとして使用します。redfish-virtualmedia:// の使用は、 idrac-virtualmedia:// プロトコルが idrac ハードウェアタイプおよび Ironic の Redfish プロトコルに対応しているため、Dell ハードウェアでは機能しません。Dell の idrac-virtualmedia:// プロトコルは、Dell の OEM 拡張機能が含まれる Redfish 標準を使用します。Ironic は、WSMAN プロトコルのある idrac タイプもサポートします。したがって、Dell ハードウェア上の仮想メディアで Redfish を使用する際に予期しない動作を回避するために、idrac-virtualmedia:// を指定する必要があります。

Dell の Redfish ネットワークブート

RedFish を有効にするには、redfish:// または redfish+http:// を使用してトランスポート層セキュリティー (TLS) を無効にします。インストーラーには、ホスト名または IP アドレスとシステム ID へのパスの両方が必要です。以下の例は、install-config.yaml ファイル内の RedFish 設定を示しています。

platform:
  baremetal:
    hosts:
      - name: openshift-master-0
        role: master
        bmc:
          address: redfish://<out-of-band-ip>/redfish/v1/Systems/System.Embedded.1
          username: <user>
          password: <password>

アウトバウンド管理のアドレスについて認証局の証明書を使用することが推奨されますが、自己署名証明書を使用する場合には、bmc 設定に disableCertificateVerification: True を含める必要があります。以下の例は、install-config.yaml ファイル内の disableCertificateVerification: True 設定パラメーターを使用する RedFish 設定を示しています。

platform:
  baremetal:
    hosts:
      - name: openshift-master-0
        role: master
        bmc:
          address: redfish://<out-of-band-ip>/redfish/v1/Systems/System.Embedded.1
          username: <user>
          password: <password>
          disableCertificateVerification: True
注記

現時点で Redfish は、ベアメタルデプロイメント上のインストーラーでプロビジョニングされるインストール向け iDRAC ファームウェアのバージョン 4.20.20.20 から 04.40.00.00 のある Dell でのみサポートされます。バージョン 04.40.00.00 には既知の問題があります。iDRAC 9 ファームウェアのバージョンが 04.40.00.00 の場合、 Virtual Console プラグインはデフォルトで eHTML5 に設定されます。これにより、InsertVirtualMedia ワークフローに関する問題が生じます。この問題を回避するには、プラグインを HTML5 に設定します。メニューパスは以下の通りです。ConfigurationVirtual consolePlug-in TypeHTML5

OpenShift Container Platform クラスターノードについて、iDRAC コンソールで AutoAttach が有効にされていることを確認します。メニューパスは以下のようになります。ConfigurationVirtual MediaAttach ModeAutoAttach

redfish:// URL プロトコルは、Ironic の redfish ハードウェアタイプに対応します。