第15章 VMC へのインストール

15.1. クラスターの VMC へのインストール

OpenShift Container Platform バージョン 4.7 では、クラスターを VMware Cloud (VMC) on AWS にデプロイし、VMware vSphere にインストールできます。

OpenShift Container Platform デプロイメント用に VMC 環境を設定した後に、VMC 環境に併設された bastion 管理ホストの OpenShift Container Platform インストールプログラムを使用します。インストールプログラムおよびコントロールプレーンは、OpenShift Container Platform クラスターに必要なリソースのデプロイおよび管理プロセスを自動化します。

15.1.1. vSphere 用の VMC の設定

OpenShift Container Platform を VMware Cloud (VMC) on AWS でホストされた vSphere クラスターにインストールし、アプリケーションをオンプレミスおよびオンプレミスの両方でハイブリッドクラウド全体にデプロイし、管理することができます。

OpenShift Container Platform を VMware vSphere にインストールする前に、複数のオプションを VMC 環境で設定する必要があります。VMC 環境が以下の前提条件を満たしていることを確認します。

  • 排他的ではない、 DHCP 対応の NSX-T ネットワークセグメントおよびサブネットを作成します。他の仮想マシン (VM) をサブネットでホストできますが、OpenShift Container Platform デプロイメントには 8 つ以上の IP アドレスが利用可能でなければなりません。
  • DHCP 範囲外にある 2 つの IP アドレスを割り当て、それらを逆引き DNS レコードで設定します。

    • 割り当てられた IP アドレスをポイントする api.<cluster_name>.<base_domain> の DNS レコード。
    • 割り当てられた IP アドレスをポイントする *.apps.<cluster_name>.<base_domain> の DNS レコード。
  • 以下のファイアウォールルールを設定します。

    • OpenShift Container Platform コンピュートネットワークとインターネット間の ANY:ANY ファイアウォールルール。これは、コンテナーイメージをダウンロードするためにノードおよびアプリケーションによって使用されます。
    • ポート 443 上のインストールホストと、ソフトウェア定義データセンター (SDDC) 管理ネットワーク間の ANY:ANY ファイアウォールルール。これにより、デプロイメント時に Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) OVA をアップロードできます。
    • OpenShift Container Platform コンピュートネットワークと vCenter 間の HTTPS ファイアウォールルール。この接続により、OpenShift Container Platform はノード、永続ボリューム要求 (PVC) および他のリソースをプロビジョニングし、管理するために vCenter と通信できます。
  • OpenShift Container Platform をデプロイするには、以下の情報が必要です。

    • OpenShift Container Platform クラスターの名前 (vmc-prod-1 など)。
    • ベース DNS 名 (companyname.com など)。
    • デフォルトを使用しない場合、Pod ネットワーク CIDR およびサービスネットワーク CIDR を特定する必要があります。これはデフォルトで 10.128.0.0/14 および 172.30.0.0/16 にそれぞれ設定されます。これらの CIDR は Pod 間および Pod とサービス間の通信に使用され、外部からアクセスすることはできません。ただし、それらは組織内の既存のサブネットと重複することができません。
    • 以下の vCenter 情報:

      • vCenter ホスト名、ユーザー名、およびパスワード
      • データセンター名 (SDDC-Datacenter など)
      • クラスター名 (Cluster-1 など)
      • ネットワーク名
      • データストア名 (WorkloadDatastore など)

        注記

        クラスターのインストールの完了後に、vSphere クラスターを VMC Compute-ResourcePool リソースプールに移動することが推奨されます。

  • bastion として VMC にデプロイされる Linux ベースのホスト。

    • bastion ホストには Red Hat Enterprise Linux (RHEL) または他の Linux ベースのホストを使用できます。インターネット接続と OVA を ESXi ホストにアップロードする機能が必要です。
    • OpenShift CLI ツールをダウンロードし、 bastion ホストにインストールします。

      • openshift-install インストールプログラム
      • OpenShift CLI (oc) ツール
注記

VMware NSX Container Plugin for Kubernetes (NCP) は使用できないため、NSX は OpenShift SDN として使用されません。VMC で現在利用できる NSX のバージョンは、OpenShift Container Platform で認定されている NCP のバージョンとは互換性がありません。

ただし、NSX DHCP サービスは、フルスタックの自動化 OpenShift Container Platform デプロイメントおよびマシン API の vSphere への統合によって手動または自動でプロビジョニングされたノードと共に仮想マシンの IP 管理に使用されます。さらに、NSX ファイアウォールルールは、OpenShift Container Platform クラスターのaアクセス、および bastion ホストと VMC vSphere ホスト間のアクセスを有効にするために作成されます。

15.1.1.1. VMC Sizer ツール

VMware Cloud on AWS は AWS ベアメタルインフラストラクチャー上に構築されます。これは、AWS ネイティブサービスを実行するベアメタルインフラストラクチャーと同じです。VMware cloud on AWSS のソフトウェア定義データセンター (SDDC) がデプロイされると、これらの物理サーバーノードを使用し、単一のテナント方式で VMware ESXi ハイパーバイザーを実行します。つまり、物理インフラストラクチャーは、 VMC を使用して他のユーザーがアクセスすることはできません。仮想インフラストラクチャーをホストするために必要な物理ホストの数を考慮することが重要です。

これを判別できるように、VMware は VMC on AWS Sizer を提供しています。このツールを使用して、VMC でホストするリソースを定義できます。

  • ワークロードのタイプ
  • 仮想マシンの合計数
  • 仕様情報 (以下を含む)。

    • ストレージ要件
    • vCPU
    • vRAM
    • オーバーコミットの比率

これらの詳細情報により、Sizer ツールは VMware のベストプラクティスに基づいてレポートを生成し、クラスター設定および必要なホスト数について推奨します。

15.1.2. vSphere 要件

15.1.3. OpenShift Container Platform のインターネットアクセス

OpenShift Container Platform 4.7 では、クラスターをインストールするためにインターネットアクセスが必要になります。

インターネットへのアクセスは以下を実行するために必要です。

  • Red Hat OpenShift Cluster Manager ページにアクセスし、インストールプログラムをダウンロードしてサブスクリプション管理を実行します。クラスターにインターネットアクセスがあり、Telemetry を無効にしない場合、そのサービスは有効なサブスクリプションでクラスターを自動的に使用します。
  • クラスターのインストールに必要なパッケージを取得するために Quay.io にアクセスします。
  • クラスターの更新を実行するために必要なパッケージを取得します。
重要

クラスターでインターネットに直接アクセスできない場合、プロビジョニングする一部のタイプのインフラストラクチャーでネットワークが制限されたインストールを実行できます。このプロセスで、必要なコンテンツをダウンロードし、これを使用してミラーレジストリーにクラスターのインストールおよびインストールプログラムの生成に必要なパッケージを設定します。インストールタイプによっては、クラスターのインストール環境でインターネットアクセスが不要となる場合があります。クラスターを更新する前に、ミラーレジストリーのコンテンツを更新します。

15.1.4. VMware vSphere インフラストラクチャーの要件

使用するコンポーネントの要件を満たす VMware vSphere バージョン 6 または 7 インスタンスに OpenShift Container Platform クラスターをインストールする必要があります。

表15.1 VMware コンポーネントのサポートされる vSphere の最小バージョン

コンポーネントサポートされる最小バージョン詳細

ハイパーバイザー

vSphere 6.5 以降 (HW バージョン 13)

このバージョンは、Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) がサポートする最小バージョンです。Red Hat Enterprise Linux 8 でサポートされるハイパーバイザーの一覧を参照してください。

ストレージおよび In-tree ドライバー

vSphere 6.5 以降

このプラグインは、OpenShift Container Platform に含まれる vSphere の In-tree ストレージドライバーを使用して vSphere ストレージを作成します。

vSphere バージョン 6.5 インスタンスを使用している場合は、OpenShift Container Platform をインストールする前に 6.7U3 または 7.0 にアップグレードすることを検討してください。

重要

OpenShift Container Platform をインストールする前に、ESXi ホストの時間が同期されていることを確認する必要があります。VMware ドキュメントの「Edit Time Configuration for a Host」を参照してください。

重要

仮想ハードウェアバージョン 14 以上を使用するように設定された仮想マシン (VM) により、インストールが失敗する可能性があります。仮想ハードウェアバージョン 13 で仮想マシンを設定することが推奨されます。これは、BZ#1935539 で対応されている既知の問題です。

15.1.5. vCenter の要件

インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用する OpenShift Container Platform クラスターを vCenter にインストールする前に、環境を準備する必要があります。

必要な vCenter アカウントの権限

OpenShift Container Platform クラスターを vCenter にインストールするには、インストールプログラムには、必要なリソースの読み取りおよび作成権限を持つアカウントへのアクセスが必要になります。グローバル管理者権限のあるアカウントを使用すること方法が、必要なすべてのパーミッションにアクセスするための最も簡単な方法です。

グローバル管理者権限を持つアカウントを使用できない場合、OpenShift Container Platform クラスターのインストールに必要な権限を付与するためのロールを作成する必要があります。ほとんどの特権は常に必要になりますが、デフォルト動作であるインストールプログラムでの vCenter インスタンスへの OpenShift Container Platform クラスターが含まれるフォルダーのプロビジョニングを実行する場合にのみ必要となる特権もあります。必要な特権を付与するには、指定されたオブジェクトに vSphere ロールを作成するか、またはこれを修正する必要があります。

インストールプログラムが vSphere 仮想マシンフォルダーを作成するために使用される場合には、追加のロールが必要です。

例15.1 インストールに必要なロールおよび特権

ロールの vSphere オブジェクト必要になる場合必要な特権

vSphere vCenter

Always

CNS.Searchable
InventoryService.Tagging.AttachTag
InventoryService.Tagging.CreateCategory
InventoryService.Tagging.CreateTag
InventoryService.Tagging.DeleteCategory
InventoryService.Tagging.DeleteTag
InventoryService.Tagging.EditCategory
InventoryService.Tagging.EditTag
Sessions.ValidateSession
StorageProfile.View

vSphere vCenter Cluster

Always

Host.Config.Storage
Resource.AssignVMToPool
VApp.AssignResourcePool
VApp.Import
VirtualMachine.Config.AddNewDisk

vSphere Datastore

Always

Datastore.AllocateSpace
Datastore.Browse
Datastore.FileManagement

vSphere ポートグループ

Always

Network.Assign

仮想マシンフォルダー

Always

Resource.AssignVMToPool
VApp.Import
VirtualMachine.Config.AddExistingDisk
VirtualMachine.Config.AddNewDisk
VirtualMachine.Config.AddRemoveDevice
VirtualMachine.Config.AdvancedConfig
VirtualMachine.Config.Annotation
VirtualMachine.Config.CPUCount
VirtualMachine.Config.DiskExtend
VirtualMachine.Config.DiskLease
VirtualMachine.Config.EditDevice
VirtualMachine.Config.Memory
VirtualMachine.Config.RemoveDisk
VirtualMachine.Config.Rename
VirtualMachine.Config.ResetGuestInfo
VirtualMachine.Config.Resource
VirtualMachine.Config.Settings
VirtualMachine.Config.UpgradeVirtualHardware
VirtualMachine.Interact.GuestControl
VirtualMachine.Interact.PowerOff
VirtualMachine.Interact.PowerOn
VirtualMachine.Interact.Reset
VirtualMachine.Inventory.Create
VirtualMachine.Inventory.CreateFromExisting
VirtualMachine.Inventory.Delete
VirtualMachine.Provisioning.Clone

vSphere vCenter Datacenter

インストールプログラムが仮想マシンフォルダーを作成する場合

Resource.AssignVMToPool
VApp.Import
VirtualMachine.Config.AddExistingDisk
VirtualMachine.Config.AddNewDisk
VirtualMachine.Config.AddRemoveDevice
VirtualMachine.Config.AdvancedConfig
VirtualMachine.Config.Annotation
VirtualMachine.Config.CPUCount
VirtualMachine.Config.DiskExtend
VirtualMachine.Config.DiskLease
VirtualMachine.Config.EditDevice
VirtualMachine.Config.Memory
VirtualMachine.Config.RemoveDisk
VirtualMachine.Config.Rename
VirtualMachine.Config.ResetGuestInfo
VirtualMachine.Config.Resource
VirtualMachine.Config.Settings
VirtualMachine.Config.UpgradeVirtualHardware
VirtualMachine.Interact.GuestControl
VirtualMachine.Interact.PowerOff
VirtualMachine.Interact.PowerOn
VirtualMachine.Interact.Reset
VirtualMachine.Inventory.Create
VirtualMachine.Inventory.CreateFromExisting
VirtualMachine.Inventory.Delete
VirtualMachine.Provisioning.Clone
Folder.Create
Folder.Delete

また、ユーザーには一部の ReadOnly パーミッションが必要であり、一部のロールでは、パーミッションを子オブジェクトに伝播するパーミッションが必要です。これらの設定は、クラスターを既存のフォルダーにインストールするかどうかによって異なります。

例15.2 必要なパーミッションおよび伝播の設定

vSphere オブジェクトフォルダータイプ子への伝播パーミッションが必要

vSphere vCenter

Always

False

必要な特権が一覧表示

vSphere vCenter Datacenter

既存のフォルダー

False

ReadOnly パーミッション

インストールプログラムがフォルダーを作成する

True

必要な特権が一覧表示

vSphere vCenter Cluster

Always

True

必要な特権が一覧表示

vSphere vCenter Datastore

Always

False

必要な特権が一覧表示

vSphere Switch

Always

False

ReadOnly パーミッション

vSphere ポートグループ

Always

False

必要な特権が一覧表示

vSphere vCenter 仮想マシンフォルダー

既存のフォルダー

True

必要な特権が一覧表示

必要な権限のみを持つアカウントの作成に関する詳細は、vSphere ドキュメントの「vSphere Permissions and User Management Tasks」を参照してください。

OpenShift Container Platform と vMotion の使用
重要

OpenShift Container Platform は通常、コンピュートのみの vMotion をサポートします。Storage vMotion を使用すると問題が発生する可能性があるため、これはサポートされていません。

Pod で vSphere ボリュームを使用している場合、手動でまたは Storage vMotion を使用して仮想マシンをデータストア間で移行すると、OpenShift Container Platform 永続ボリューム (PV) オブジェクト内で無効な参照が発生します。これらの参照により、影響を受ける Pod が起動しなくなり、データが失われる可能性があります。

同様に、OpenShift Container Platform は、仮想マシンのプロビジョニング用にデータストアクラスターを、または PV の動的または静的プロビジョニング用にデータストアクラスターを使用するか、PV の動的または静的プロビジョニング用にデータストアクラスターの一部であるデータストアを使用した VMDK のデータストア間での選択的な移行をサポートしません。

クラスターリソース

インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用する OpenShift Container Platform クラスターをデプロイする場合、インストールプログラムは vCenter インスタンスに複数のリソースを作成できる必要があります。

標準的な OpenShift Container Platform インストールでは、以下の vCenter リソースを作成します。

  • 1 フォルダー
  • 1 タグカテゴリー
  • 1 タグ
  • 仮想マシン:

    • 1 テンプレート
    • 1 一時的ブートストラップノード
    • 3 コントロールプレーンノード
    • 3 コンピュートマシン

これらのリソースは 856 GB のストレージを使用しますが、ブートストラップノードはクラスターのインストールプロセス時に破棄されます。標準クラスターを使用するには、最低 800 GB のストレージが必要です。

追加のコンピュートマシンをデプロイする場合、OpenShift Container Platform クラスターは追加のストレージを使用します。

クラスターの制限

利用可能なリソースはクラスターによって異なります。vCenter 内の予想されるクラスター数は、主に利用可能なストレージ容量と必要なリソース数の制限によって制限されます。クラスターが作成する vCenter リソースと、IP アドレスやネットワークなどのクラスターのデプロイに必要なリソースの両方の制限を考慮してください。

ネットワーク要件

ネットワークに DHCP を使用し、DHCP サーバーが永続 IP アドレスをクラスターマシンに提供するように設定されていることを確認する必要があります。さらに、OpenShift Container Platform クラスターをインストールする前に以下のネットワークリソースを作成する必要があります。

注記

クラスターの各 OpenShift Container Platform ノードは、DHCP を使用して検出可能な Network Time Protocol (NTP) サーバーにアクセスできることが推奨されます。NTP サーバーなしでインストールが可能です。ただし、非同期のサーバークロックによりエラーが発生しますが、NTP サーバーはこのエラーを阻止します。

必要な IP アドレス

インストーラーでプロビジョニングされる vSphere のインストールには、2 つの静的 IP アドレスが必要です。

  • API アドレスは、クラスター API にアクセスするために使用されます。
  • Ingress アドレスは、クラスターの Ingress トラフィックに使用されます。

OpenShift Container Platform クラスターのインストール時にこれらの IP アドレスをインストールプログラムに指定する必要があります。

DNS レコード

OpenShift Container Platform クラスターをホストする vCenter インスタンスについて 2 つの静的 IP アドレスの DNS レコードを適切な DNS サーバーに作成する必要があります。各レコードで、 <cluster_name> はクラスター名で、<base_domain> は、クラスターのインストール時に指定するクラスターのベースドメインです。完全な DNS レコードは <component>.<cluster_name>.<base_domain>. の形式を取ります。

表15.2 必要な DNS レコード

コンポーネントレコード詳細

API VIP

api.<cluster_name>.<base_domain>.

この DNS A/AAAA または CNAME レコードは、コントロールプレーンマシンのロードバランサーを参照する必要があります。このレコードは、クラスター外のクライアントおよびクラスター内のすべてのノードで解決できる必要があります。

Ingress VIP

*.apps.<cluster_name>.<base_domain>.

Ingress ルーター Pod を実行するマシンをターゲットにするロードバランサーを参照するワイルドカード DNS A/AAAA または CNAME レコードです。このレコードは、クラスター外のクライアントおよびクラスター内のすべてのノードで解決できる必要があります。

15.1.6. SSH プライベートキーの生成およびエージェントへの追加

クラスターでインストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要がある場合、ssh-agent とインストールプログラムの両方に SSH キーを指定する必要があります。このキーを使用してパブリッククラスターのブートストラップマシンにアクセスし、インストールの問題をトラブルシューティングできます。

注記

実稼働環境では、障害復旧およびデバッグが必要です。

重要

障害復旧およびデバッグが必要な実稼働環境では、この手順を省略しないでください。

このキーを使用して、ユーザー core としてマスターノードに対して SSH を実行できます。クラスターをデプロイする際に、キーは core ユーザーの ~/.ssh/authorized_keys 一覧に追加されます。

手順

  1. パスワードなしの認証に設定されている SSH キーがコンピューター上にない場合は、これを作成します。たとえば、Linux オペレーティングシステムを使用するコンピューターで以下のコマンドを実行します。

    $ ssh-keygen -t ed25519 -N '' \
        -f <path>/<file_name> 1
    1
    ~/.ssh/id_rsa などの、新規 SSH キーのパスおよびファイル名を指定します。既存のキーペアがある場合は、公開鍵が ~/.ssh ディレクトリーにあることを確認します。

    このコマンドを実行すると、指定した場所にパスワードを必要としない SSH キーが生成されます。

    注記

    FIPS で検証済み/進行中のモジュール (Modules in Process) 暗号ライブラリーを使用する OpenShift Container Platform クラスターを x86_64 アーキテクチャーにインストールする予定の場合は、ed25519 アルゴリズムを使用するキーは作成しないでください。代わりに、rsa アルゴリズムまたは ecdsa アルゴリズムを使用するキーを作成します。

  2. ssh-agent プロセスをバックグラウンドタスクとして開始します。

    $ eval "$(ssh-agent -s)"

    出力例

    Agent pid 31874

    注記

    クラスターが FIPS モードにある場合は、FIPS 準拠のアルゴリズムのみを使用して SSH キーを生成します。鍵は RSA または ECDSA のいずれかである必要があります。

  3. SSH プライベートキーを ssh-agent に追加します。

    $ ssh-add <path>/<file_name> 1

    出力例

    Identity added: /home/<you>/<path>/<file_name> (<computer_name>)

    1
    ~/.ssh/id_rsa などの、SSH プライベートキーのパスおよびファイル名を指定します。

次のステップ

  • OpenShift Container Platform をインストールする際に、SSH パブリックキーをインストールプログラムに指定します。

15.1.7. インストールプログラムの取得

OpenShift Container Platform をインストールする前に、インストールファイルをプロビジョニングマシンにダウンロードします。

前提条件

  • Linux を実行するマシン(例: 500 MB のローカルディスク領域のある Red Hat Enterprise Linux 8) が必要です。

手順

  1. Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの Infrastructure Provider ページにアクセスします。Red Hat アカウントがある場合は、認証情報を使ってログインします。アカウントがない場合はこれを作成します。
  2. インフラストラクチャープロバイダーを選択します。
  3. 選択するインストールタイプのページに移動し、オペレーティングシステムのインストールプログラムをダウンロードし、ファイルをインストール設定ファイルを保存するディレクトリーに配置します。

    重要

    インストールプログラムは、クラスターのインストールに使用するコンピューターにいくつかのファイルを作成します。クラスターのインストール完了後は、インストールプログラムおよびインストールプログラムが作成するファイルを保持する必要があります。ファイルはいずれもクラスターを削除するために必要になります。

    重要

    インストールプログラムで作成されたファイルを削除しても、クラスターがインストール時に失敗した場合でもクラスターは削除されません。クラスターを削除するには、特定のクラウドプロバイダー用の OpenShift Container Platform のアンインストール手順を実行します。

  4. インストールプログラムを展開します。たとえば、Linux オペレーティングシステムを使用するコンピューターで以下のコマンドを実行します。

    $ tar xvf openshift-install-linux.tar.gz
  5. Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの「Pull Secret」ページから、インストールプルシークレットを .txt ファイルとしてダウンロードします。このプルシークレットを使用し、OpenShift Container Platform コンポーネントのコンテナーイメージを提供する Quay.io など、組み込まれた各種の認証局によって提供されるサービスで認証できます。

15.1.8. vCenter ルート CA 証明書のシステム信頼への追加

インストールプログラムは vCenter の API へのアクセスが必要であるため、OpenShift Container Platform クラスターをインストールする前に vCenter の信頼されたルート CA 証明書をシステム信頼に追加する必要があります。

手順

  1. vCenter ホームページから、vCenter のルート CA 証明書をダウンロードします。vSphere Web Services SDK セクションで、Download trusted root CA certificates をクリックします。<vCenter>/certs/download.zip ファイルがダウンロードされます。
  2. vCenter ルート CA 証明書が含まれる圧縮ファイルを展開します。圧縮ファイルの内容は、以下のファイル構造のようになります。

    certs
    ├── lin
    │   ├── 108f4d17.0
    │   ├── 108f4d17.r1
    │   ├── 7e757f6a.0
    │   ├── 8e4f8471.0
    │   └── 8e4f8471.r0
    ├── mac
    │   ├── 108f4d17.0
    │   ├── 108f4d17.r1
    │   ├── 7e757f6a.0
    │   ├── 8e4f8471.0
    │   └── 8e4f8471.r0
    └── win
        ├── 108f4d17.0.crt
        ├── 108f4d17.r1.crl
        ├── 7e757f6a.0.crt
        ├── 8e4f8471.0.crt
        └── 8e4f8471.r0.crl
    
    3 directories, 15 files
  3. オペレーティングシステム用のファイルをシステム信頼に追加します。たとえば、Fedora オペレーティングシステムで以下のコマンドを実行します。

    # cp certs/lin/* /etc/pki/ca-trust/source/anchors
  4. システム信頼を更新します。たとえば、Fedora オペレーティングシステムで以下のコマンドを実行します。

    # update-ca-trust extract

15.1.9. クラスターのデプロイ

互換性のあるクラウドプラットフォームに OpenShift Container Platform をインストールできます。

重要

インストールプログラムの create cluster コマンドは、初期インストール時に 1 回だけ実行できます。

前提条件

  • クラスターをホストするクラウドプラットフォームでアカウントを設定します。
  • OpenShift Container Platform インストールプログラム、およびクラスターのプルシークレットを取得します。

手順

  1. インストールプログラムが含まれるディレクトリーに切り替え、クラスターのデプロイメントを初期化します。

    $ ./openshift-install create cluster --dir=<installation_directory> \ 1
        --log-level=info 2
    1
    <installation_directory> の場合、インストールプログラムが作成するファイルを保存するためにディレクトリー名を指定します。
    2
    異なるインストールの詳細情報を表示するには、info ではなく、warndebug、または error を指定します。
    重要

    空のディレクトリーを指定します。ブートストラップ X.509 証明書などの一部のインストールアセットの有効期限は短く設定されているため、インストールディレクトリーを再利用することができません。別のクラスターインストールの個別のファイルを再利用する必要がある場合は、それらをディレクトリーにコピーすることができます。ただし、インストールアセットのファイル名はリリース間で変更される可能性があります。インストールファイルを以前のバージョンの OpenShift Container Platform からコピーする場合は注意してコピーを行ってください。

    プロンプト時に値を指定します。

    1. オプション: クラスターマシンにアクセスするために使用する SSH キーを選択します。

      注記

      インストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要のある実稼働用の OpenShift Container Platform クラスターでは、ssh-agent プロセスが使用する SSH キーを指定します。

    2. クラスターの記述名を入力します。
    3. Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの 「Pull Secret」ページから取得したプルシークレットを貼り付けます。
    重要

    VMC 環境でホストされる bastion からの openshift-install コマンドを使用します。

    注記

    ホストに設定した AWS アカウントにクラスターをデプロイするための十分なパーミッションがない場合、インストールプログラムは停止し、不足しているパーミッションが表示されます。

    クラスターのデプロイメントが完了すると、Web コンソールへのリンクや kubeadmin ユーザーの認証情報を含む、クラスターにアクセスするための指示がターミナルに表示されます。

    出力例

    ...
    INFO Install complete!
    INFO To access the cluster as the system:admin user when using 'oc', run 'export KUBECONFIG=/home/myuser/install_dir/auth/kubeconfig'
    INFO Access the OpenShift web-console here: https://console-openshift-console.apps.mycluster.example.com
    INFO Login to the console with user: "kubeadmin", and password: "4vYBz-Ee6gm-ymBZj-Wt5AL"
    INFO Time elapsed: 36m22s

    注記

    クラスターアクセスおよび認証情報の情報は、インストールが正常に実行される際に <installation_directory>/.openshift_install.log に出力されます。

    重要

    インストールプログラムが生成する Ignition 設定ファイルには、24 時間が経過すると期限切れになり、その後に更新される証明書が含まれます。証明書を更新する前にクラスターが停止し、24 時間経過した後にクラスターを再起動すると、クラスターは期限切れの証明書を自動的に復元します。例外として、kubelet 証明書を回復するために保留状態の node-bootstrapper 証明書署名要求 (CSR)を手動で承認する必要があります。詳細は、コントロールプレーン証明書の期限切れの状態からのリカバリー についてのドキュメントを参照してください。

    重要

    インストールプログラム、またはインストールプログラムが作成するファイルを削除することはできません。これらはいずれもクラスターを削除するために必要になります。

15.1.10. バイナリーのダウンロードによる OpenShift CLI のインストール

コマンドラインインターフェースを使用して OpenShift Container Platform と対話するために CLI (oc) をインストールすることができます。oc は Linux、Windows、または macOS にインストールできます。

重要

以前のバージョンの oc をインストールしている場合、これを使用して OpenShift Container Platform 4.7 のすべてのコマンドを実行することはできません。新規バージョンの oc をダウンロードし、インストールします。

15.1.10.1. Linux への OpenShift CLI のインストール

以下の手順を使用して、OpenShift CLI (oc) バイナリーを Linux にインストールできます。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの OpenShift Container Platform ダウンロードページ に移動します。
  2. Version ドロップダウンメニューで適切なバージョンを選択します。
  3. OpenShift v4.7 Linux Client エントリーの横にある Download Now をクリックして、ファイルを保存します。
  4. アーカイブを展開します。

    $ tar xvzf <file>
  5. oc バイナリーを、PATH にあるディレクトリーに配置します。

    PATH を確認するには、以下のコマンドを実行します。

    $ echo $PATH

OpenShift CLI のインストール後に、oc コマンドを使用して利用できます。

$ oc <command>

15.1.10.2. Windows への OpenShift CLI のインストール

以下の手順を使用して、OpenShift CLI (oc) バイナリーを Windows にインストールできます。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの OpenShift Container Platform ダウンロードページ に移動します。
  2. Version ドロップダウンメニューで適切なバージョンを選択します。
  3. OpenShift v4.7 Windows Client エントリーの横にある Download Now をクリックして、ファイルを保存します。
  4. ZIP プログラムでアーカイブを解凍します。
  5. oc バイナリーを、PATH にあるディレクトリーに移動します。

    PATH を確認するには、コマンドプロンプトを開いて以下のコマンドを実行します。

    C:\> path

OpenShift CLI のインストール後に、oc コマンドを使用して利用できます。

C:\> oc <command>

15.1.10.3. macOC への OpenShift CLI のインストール

以下の手順を使用して、OpenShift CLI (oc) バイナリーを macOS にインストールできます。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの OpenShift Container Platform ダウンロードページ に移動します。
  2. Version ドロップダウンメニューで適切なバージョンを選択します。
  3. OpenShift v4.7 MacOSX Client エントリーの横にある Download Now をクリックして、ファイルを保存します。
  4. アーカイブを展開し、解凍します。
  5. oc バイナリーをパスにあるディレクトリーに移動します。

    PATH を確認するには、ターミナルを開き、以下のコマンドを実行します。

    $ echo $PATH

OpenShift CLI のインストール後に、oc コマンドを使用して利用できます。

$ oc <command>

15.1.11. CLI の使用によるクラスターへのログイン

クラスター kubeconfig ファイルをエクスポートし、デフォルトシステムユーザーとしてクラスターにログインできます。kubeconfig ファイルには、クライアントを正しいクラスターおよび API サーバーに接続するために CLI で使用されるクラスターについての情報が含まれます。このファイルはクラスターに固有のファイルであり、OpenShift Container Platform のインストール時に作成されます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターをデプロイしていること。
  • oc CLI をインストールしていること。

手順

  1. kubeadmin 認証情報をエクスポートします。

    $ export KUBECONFIG=<installation_directory>/auth/kubeconfig 1
    1
    <installation_directory> には、インストールファイルを保存したディレクトリーへのパスを指定します。
  2. エクスポートされた設定を使用して、oc コマンドを正常に実行できることを確認します。

    $ oc whoami

    出力例

    system:admin

15.1.12. レジストリーストレージの作成

クラスターのインストール後に、レジストリー Operator のストレージを作成する必要があります。

15.1.12.1. インストール時に削除されたイメージレジストリー

共有可能なオブジェクトストレージを提供しないプラットフォームでは、OpenShift イメージレジストリー Operator 自体が Removed としてブートストラップされます。これにより、openshift-installer がそれらのプラットフォームタイプでのインストールを完了できます。

インストール後に、イメージレジストリー Operator 設定を編集して managementStateRemoved から Managed に切り替える必要があります。

注記

Prometheus コンソールは、以下のような ImageRegistryRemoved アラートを提供します。

"Image Registry has been removed.ImageStreamTags, BuildConfigs and DeploymentConfigs which reference ImageStreamTags may not work as expected.ストレージを設定して、configs.imageregistry.operator.openshift.io を編集して設定を Managed 状態に更新してください。

15.1.12.2. イメージレジストリーストレージの設定

イメージレジストリー Operator は、デフォルトストレージを提供しないプラットフォームでは最初は利用できません。インストール後に、レジストリー Operator を使用できるようにレジストリーをストレージを使用するように設定する必要があります。

実稼働クラスターに必要な永続ボリュームの設定についての手順が示されます。該当する場合、空のディレクトリーをストレージの場所として設定する方法が表示されます。これは、実稼働以外のクラスターでのみ利用できます。

アップグレード時に Recreate ロールアウトストラテジーを使用して、イメージレジストリーがブロックストレージタイプを使用することを許可するための追加の手順が提供されます。

15.1.12.2.1. VMware vSphere のレジストリーストレージの設定

クラスター管理者は、インストール後にレジストリーをストレージを使用できるように設定する必要があります。

前提条件

  • クラスター管理者のパーミッション。
  • VMware vSphere 上のクラスター。
  • Red Hat OpenShift Container Storage などのクラスターのプロビジョニングされた永続ストレージ。

    重要

    OpenShift Container Platform は、1 つのレプリカのみが存在する場合にイメージレジストリーストレージの ReadWriteOnce アクセスをサポートします。2 つ以上のレプリカで高可用性をサポートするイメージレジストリーをデプロイするには、ReadWriteMany アクセスが必要です。

  • 「100Gi」の容量が必要です。
重要

テストにより、NFS サーバーを RHEL でコアサービスのストレージバックエンドとして使用することに関する問題が検出されています。これには、OpenShift Container レジストリーおよび Quay、メトリクスストレージの Prometheus、およびロギングストレージの Elasticsearch が含まれます。そのため、コアサービスで使用される PV をサポートするために RHEL NFS を使用することは推奨されていません。

他の NFS の実装ではこれらの問題が検出されない可能性があります。OpenShift Container Platform コアコンポーネントに対して実施された可能性のあるテストに関する詳細情報は、個別の NFS 実装ベンダーにお問い合わせください。

手順

  1. レジストリーをストレージを使用できるように設定するには、configs.imageregistry/cluster リソースの spec.storage.pvc を変更します。

    注記

    共有ストレージを使用する場合は、外部からアクセスを防ぐためにセキュリティー設定を確認します。

  2. レジストリー Pod がないことを確認します。

    $ oc get pod -n openshift-image-registry
    注記

    ストレージタイプが emptyDIR の場合、レプリカ数が 1 を超えることはありません。

  3. レジストリー設定を確認します。

    $ oc edit configs.imageregistry.operator.openshift.io

    出力例

    storage:
      pvc:
        claim: 1

    1
    claim フィールドを空のままにし、image-registry-storage PVC の自動作成を可能にします。
  4. clusteroperator ステータスを確認します。

    $ oc get clusteroperator image-registry
15.1.12.2.2. VMware vSphere のブロックレジストリーストレージの設定

イメージレジストリーがクラスター管理者によるアップグレード時に vSphere Virtual Machine Disk (VMDK) などのブロックストレージタイプを使用できるようにするには、Recreate ロールアウトストラテジーを使用できます。

重要

ブロックストレージボリュームはサポートされますが、実稼働クラスターでのイメージレジストリーと併用することは推奨されません。レジストリーに複数のレプリカを含めることができないため、ブロックストレージにレジストリーが設定されているインストールに高可用性はありません。

手順

  1. イメージレジストリーストレージをブロックストレージタイプとして設定するには、レジストリーが Recreate ロールアウトストラテジーを使用し、1 レプリカのみで実行されるように、レジストリーにパッチを適用します。

    $ oc patch config.imageregistry.operator.openshift.io/cluster --type=merge -p '{"spec":{"rolloutStrategy":"Recreate","replicas":1}}'
  2. ブロックストレージデバイスの PV をプロビジョニングし、そのボリュームの PVC を作成します。要求されたブロックボリュームは ReadWriteOnce (RWO) アクセスモードを使用します。

    1. 以下の内容で pvc.yaml ファイルを作成して VMware vSphere PersistentVolumeClaim オブジェクトを定義します。

      kind: PersistentVolumeClaim
      apiVersion: v1
      metadata:
        name: image-registry-storage 1
        namespace: openshift-image-registry 2
      spec:
        accessModes:
        - ReadWriteOnce 3
        resources:
          requests:
            storage: 100Gi 4
      1
      PersistentVolumeClaim オブジェクトを表す一意の名前。
      2
      PersistentVolumeClaim オブジェクトの namespace (openshift-image-registry)。
      3
      永続ボリューム要求 (PVC) のアクセスモード。ReadWriteOnce では、ボリュームは単一ノードによって読み取り/書き込みパーミッションでマウントできます。
      4
      永続ボリューム要求 (PVC) のサイズ。
    2. ファイルから PersistentVolumeClaim オブジェクトを作成します。

      $ oc create -f pvc.yaml -n openshift-image-registry
  3. 正しい PVC を参照するようにレジストリー設定を編集します。

    $ oc edit config.imageregistry.operator.openshift.io -o yaml

    出力例

    storage:
      pvc:
        claim: 1

    1
    カスタム PVC を作成すると、image-registry-storage PVC のデフォルトの自動作成の claim フィールドを空のままにすることができます。

正しい PVC を参照するようにレジストリーストレージを設定する方法については、「vSphere のレジストリーの設定」を参照してください。

15.1.13. VMware vSphere ボリュームのバックアップ

OpenShift Container Platform は、自由にクラスターないのノードにあるボリュームをアタッチしたり、アタッチ解除できるように、個別の永続ディスクとして新規ボリュームをプロビジョニングします。そのため、スナップショットを使用するボリュームはバックアップしたり、スナップショットからボリュームを復元したりすることはできません。詳細は、スナップショットの制限について参照してください。

手順

永続ボリュームのバックアップを作成すには、以下を実行します。

  1. 永続ボリュームを使用しているアプリケーションを停止します。
  2. 永続ボリュームのクローンを作成します。
  3. アプリケーションを再起動します。
  4. クローンを作成したボリュームのバックアップを作成します。
  5. クローンを作成したボリュームを削除します。

15.1.14. OpenShift Container Platform の Telemetry アクセス

OpenShift Container Platform 4.7 では、クラスターの健全性および正常に実行された更新についてのメトリクスを提供するためにデフォルトで実行される Telemetry サービスにもインターネットアクセスが必要です。クラスターがインターネットに接続されている場合、Telemetry は自動的に実行され、クラスターは Red Hat OpenShift Cluster Manager (OCM) に登録されます。

Red Hat OpenShift Cluster Manager インベントリーが Telemetry によって自動的に維持されるか、または OCM を手動で使用しているかのいずれによって正常であることを確認した後に、subscription watch を使用して、アカウントまたはマルチクラスターレベルで OpenShift Container Platform サブスクリプションを追跡します。

関連情報

15.1.15. 次のステップ