第13章 RHV へのインストール

13.1. RHV へのクラスターのクイックインストール

以下の図に示されるように、デフォルトの、カスタマイズされていない OpenShift Container Platform クラスターを Red Hat Virtualization (RHV) クラスターにすばやくインストールできます。

Diagram of an OpenShift Container Platform cluster on a RHV cluster

インストールプログラムは、インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用してクラスターの作成およびデプロイを自動化します。

デフォルトのクラスターをインストールするには、環境を準備し、インストールプログラムを実行してプロンプトに応答します。次に、インストールプログラムは OpenShift Container Platform クラスターを作成します。

デフォルトクラスターの代替インストール方法については、カスタマイズによるクラスターのインストールについて参照してください。

注記

このインストールプログラムは、Linux および macOS でのみ利用できます。

13.1.1. 前提条件

13.1.2. OpenShift Container Platform のインターネットアクセス

OpenShift Container Platform 4.7 では、クラスターをインストールするためにインターネットアクセスが必要になります。

インターネットへのアクセスは以下を実行するために必要です。

  • Red Hat OpenShift Cluster Manager ページにアクセスし、インストールプログラムをダウンロードしてサブスクリプション管理を実行します。クラスターにインターネットアクセスがあり、Telemetry を無効にしない場合、そのサービスは有効なサブスクリプションでクラスターを自動的に使用します。
  • クラスターのインストールに必要なパッケージを取得するために Quay.io にアクセスします。
  • クラスターの更新を実行するために必要なパッケージを取得します。
重要

クラスターでインターネットに直接アクセスできない場合、プロビジョニングする一部のタイプのインフラストラクチャーでネットワークが制限されたインストールを実行できます。このプロセスで、必要なコンテンツをダウンロードし、これを使用してミラーレジストリーにクラスターのインストールおよびインストールプログラムの生成に必要なパッケージを設定します。インストールタイプによっては、クラスターのインストール環境でインターネットアクセスが不要となる場合があります。クラスターを更新する前に、ミラーレジストリーのコンテンツを更新します。

13.1.3. RHV 環境の要件

OpenShift Container Platform バージョン 4.7 クラスターをインストールし、実行するには、RHV 環境が以下の要件を満たしている必要があります。

これらの要件を満たさないと、インストールまたはプロセスが失敗する可能性があります。さらに、これらの要件を満たしていないと、OpenShift Container Platform クラスターはインストールしてから数日または数週間後に失敗する可能性があります。

CPU、メモリー、ストレージリソースについての以下の要件は、インストールプログラムが作成する仮想マシンのデフォルト数で乗算した デフォルト 値に基づいています。これらのリソースは、RHV 環境が OpenShift Container Platform 以外の操作に使用するものに 加え、利用可能でなければなりません。

デフォルトでは、インストールプログラムは 7 つの仮想マシンをインストールプロセスで作成します。まず、ブートストラップ仮想マシンを作成し、OpenShift Container Platform クラスターの残りの部分を作成する間に一時サービスとコントロールプレーンを提供します。インストールプログラムがクラスターの作成を終了すると、ブートストラップマシンが削除され、そのリソースが解放されます。

RHV 環境の仮想マシン数を増やす場合は、リソースを適宜増やす必要があります。

要件

  • RHV のバージョンは 4.4 である。
  • RHV 環境に Up 状態のデータセンターが 1 つあること。
  • RHV データセンターに RHV クラスターが含まれていること。
  • RHV クラスターにOpenShift Container Platform クラスター専用の以下のリソースがあること。

    • 最小 28 vCPU: インストール時に作成される 7 仮想マシンのそれぞれに 4 vCPU。
    • 以下を含む 112 GiB 以上の RAM。

      • 一時的なコントロールプレーンを提供するブートストラップマシン用に 16 GiB 以上。
      • コントロールプレーンを提供する 3 つのコントロールプレーンマシンのそれぞれに 16 GiB 以上。
      • アプリケーションワークロードを実行する 3 つのコンピュートマシンのそれぞれに 16 GiB 以上。
  • RHV ストレージドメインは、これらの etcd バックエンドのパフォーマンス要件 を満たす必要があります。
  • 実稼働環境では、各仮想マシンに 120 GiB 以上が必要です。そのため、ストレージドメインはデフォルトの OpenShift Container Platform クラスターに 840 GiB 以上を提供する必要があります。リソースに制約のある環境または非実稼働環境では、各仮想マシンに 32 GiB 以上を指定する必要があるため、ストレージドメインにはデフォルトの OpenShift Container Platform クラスター用に 230 GiB 以上が必要になります。
  • インストールおよび更新中に Red Hat Ecosystem Catalog からイメージをダウンロードするには、RHV クラスターがインターネット接続にアクセスできる必要があります。また、サブスクリプションおよびエンタイトルメントプロセスを単純化するために Telemetry サービスにもインターネット接続が必要です。
  • RHV クラスターには、RHV Manager の REST API にアクセスできる仮想ネットワークが必要です。インストーラーが作成する仮想マシンが DHCP を使用して IP アドレスを取得するため、DHCP がこのネットワークで有効にされていることを確認します。
  • ターゲット RHV クラスターに OpenShift Container Platform クラスターをインストールし、管理するための以下の最小限の権限を持つユーザーアカウントおよびグループ。

    • DiskOperator
    • DiskCreator
    • UserTemplateBasedVm
    • TemplateOwner
    • TemplateCreator
    • ターゲットクラスターの ClusterAdmin
警告

最小権限の原則を適用します。インストールプロセスで RHV で SuperUser 権限を持つ管理者アカウントを使用することを避けます。インストールプログラムは、ユーザーが指定する認証情報を、危険にさらされる可能性のある一時的な ovirt-config.yaml ファイルに保存します。

13.1.4. RHV 環境の要件の確認

RHV 環境が OpenShift Container Platform クラスターをインストールし、実行するための要件を満たしていることを確認します。これらの要件を満たさないと、エラーが発生する可能性があります。

重要

これらの要件は、インストールプログラムがコントロールプレーンおよびコンピュートマシンの作成に使用するデフォルトのリソースに基づいています。これらのリソースには、vCPU、メモリー、およびストレージが含まれます。これらのリソースを変更するか、または OpenShift Container Platform マシンの数を増やす場合は、これらの要件を適宜調整します。

手順

  1. RHV のバージョンが OpenShift Container Platform バージョン 4.7 のインストールをサポートすることを確認します。

    1. RHV Administration Portal の右上にある ? ヘルプアイコンをクリックし、About を選択します。
    2. 開かれるウィンドウで、RHV ソフトウェアのバージョン をメモします。
    3. RHV のバージョンが 4.4 であることを確認します。サポートされるバージョンの組み合わせについての詳細は、「Support Matrix for OpenShift Container Platform on RHV」を参照してください。
  2. データセンター、クラスター、およびストレージを検査します。

    1. RHV 管理ポータルで、ComputeData Centers をクリックします。
    2. OpenShift Container Platform をインストールする予定のデータセンターにアクセスできることを確認します。
    3. そのデータセンターの名前をクリックします。
    4. データセンターの詳細の Storage タブで、OpenShift Container Platform をインストールする予定のストレージドメインが Active であることを確認します。
    5. 後で使用できるように ドメイン名 を記録します。
    6. 空き領域 に 230 GiB 以上あることを確認します。
    7. ストレージドメインが これらの etcd バックエンドのパフォーマンス要件を満たしていることを確認します。これは、fio パフォーマンスベンチマークツールを使用して測定できます
    8. データセンターの詳細で、Clusters タブをクリックします。
    9. OpenShift Container Platform をインストールする予定の RHV クラスターを見つけます。後で使用できるようにクラスター名を記録します。
  3. RHV ホストリソースを確認します。

    1. RHV 管理ポータルで、Compute > Clusters をクリックします。
    2. OpenShift Container Platform をインストールする予定のクラスターをクリックします。
    3. クラスターの詳細で、Hosts タブをクリックします。
    4. ホストを検査し、それらに OpenShift Container Platform クラスター 専用 として利用可能な 論理 CPU コア の合計が 28 つ以上であることを確認します。
    5. 後で使用できるように、利用可能な 論理 CPU コア の数を記録します。
    6. これらの CPU コアが分散され、インストール時に作成された 7 つの仮想マシンのそれぞれに 4 つのコアを持たせることができることを確認します。
    7. ホストには、以下の OpenShift Container Platform マシンのそれぞれの要件を満たすように 新規仮想マシンをスケジュールするための最大空きメモリー として 112 GiB があることを確認します。

      • ブートストラップマシンに 16 GiB が必要です。
      • 3 つのコントロールプレーンマシンのそれぞれに 16 GiB が必要です。
      • 3 つのコンピュートマシンのそれぞれに 16 GiB が必要です。
    8. 後で使用できるように 新規仮想マシンをスケジュールするための最大空きメモリー の量を記録します。
  4. OpenShift Container Platform をインストールするための仮想ネットワークが RHV Manager の REST API にアクセスできることを確認します。このネットワーク上の仮想マシンから、RHV Manager の REST API に到達するために curl を使用します。

    $ curl -k -u <username>@<profile>:<password> \ 1
    https://<engine-fqdn>/ovirt-engine/api 2
    1
    <username> については、RHV で OpenShift Container Platform クラスターを作成および管理する権限を持つ RHV アカウントのユーザー名を指定します。<profile> には、ログインプロファイルを指定します。ログインプロファイルは、RHV Administration Portal ログインページに移動し、 Profile ドロップダウンリストで確認できます。<password> に、そのユーザー名のパスワードを指定します。
    2
    <engine-fqdn> に、RHV 環境の完全修飾ドメイン名を指定します。

    以下は例になります。

    $ curl -k -u ocpadmin@internal:pw123 \
    https://rhv-env.virtlab.example.com/ovirt-engine/api

13.1.5. RHV でのネットワーク環境の準備

OpenShift Container Platform クラスターの 2 つの静的 IP アドレスを設定し、これらのアドレスを使用して DNS エントリーを作成します。

手順

  1. 2 つの静的 IP アドレスを予約します。

    1. OpenShift Container Platform をインストールするネットワークで、DHCP リースプール外にある 2 つの静的 IP アドレスを特定します。
    2. このネットワーク上のホストに接続し、それぞれの IP アドレスが使用されていないことを確認します。たとえば、Address Resolution Protocol (ARP) を使用して、IP アドレスのいずれにもエントリーがないことを確認します。

      $ arp 10.35.1.19

      出力例

      10.35.1.19 (10.35.1.19) -- no entry

    3. ネットワーク環境の標準的な方法に従って、2 つの静的 IP アドレスを予約します。
    4. 今後の参照用にこれらの IP アドレスを記録します。
  2. 以下の形式を使用して、OpenShift Container Platform REST API およびアプリケーションドメイン名の DNS エントリーを作成します。

    api.<cluster-name>.<base-domain>   <ip-address> 1
    *.apps.<cluster-name>.<base-domain>   <ip-address> 2
    1
    <cluster-name><base-domain>、および <ip-address> には、クラスター名、ベースドメイン、および OpenShift Container Platform API の静的 IP アドレスを指定します。
    2
    Ingress およびロードバランサー用に OpenShift Container Platform アプリケーションのクラスター名、ベースドメイン、および静的 IP アドレスを指定します。

    以下は例になります。

    api.my-cluster.virtlab.example.com	10.35.1.19
    *.apps.my-cluster.virtlab.example.com	10.35.1.20

13.1.6. OpenShift Container Platform OpenStack クラスターの RHV への非セキュアモードでのインストール

デフォルトで、インストーラーは CA 証明書を作成し、確認を求めるプロンプトを出し、インストール時に使用する証明書を保存します。これは、手動で作成したりインストールしたりする必要はありません。

推奨されていませんが、OpenShift Container Platform を RHV に 非セキュアモード でインストールして、この機能を上書きし、証明書の検証なしに OpenShift Container Platform をインストールすることができます。

警告

非セキュア モードでのインストールは推奨されていません。これにより、攻撃者が中間者 (Man-in-the-Middle) 攻撃を実行し、ネットワーク上の機密の認証情報を取得できる可能性が生じるためです。

手順

  1. ~/.ovirt/ovirt-config.yaml という名前のファイルを作成します。
  2. 以下の内容を ovirt-config.yaml に追加します。

    ovirt_url: \https://ovirt.example.com/ovirt-engine/api
    ovirt_fqdn: ovirt.example.com
    ovirt_pem_url: ""
    ovirt_username: ocpadmin@internal
    ovirt_password: super-secret-password
    ovirt_insecure: true
  3. インストーラーを実行します。

13.1.7. SSH プライベートキーの生成およびエージェントへの追加

クラスターでインストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要がある場合、ssh-agent とインストールプログラムの両方に SSH キーを指定する必要があります。このキーを使用してパブリッククラスターのブートストラップマシンにアクセスし、インストールの問題をトラブルシューティングできます。

注記

実稼働環境では、障害復旧およびデバッグが必要です。

重要

障害復旧およびデバッグが必要な実稼働環境では、この手順を省略しないでください。

このキーを使用して、ユーザー core としてマスターノードに対して SSH を実行できます。クラスターをデプロイする際に、キーは core ユーザーの ~/.ssh/authorized_keys 一覧に追加されます。

手順

  1. パスワードなしの認証に設定されている SSH キーがコンピューター上にない場合は、これを作成します。たとえば、Linux オペレーティングシステムを使用するコンピューターで以下のコマンドを実行します。

    $ ssh-keygen -t ed25519 -N '' \
        -f <path>/<file_name> 1
    1
    ~/.ssh/id_rsa などの、新規 SSH キーのパスおよびファイル名を指定します。既存のキーペアがある場合は、公開鍵が ~/.ssh ディレクトリーにあることを確認します。

    このコマンドを実行すると、指定した場所にパスワードを必要としない SSH キーが生成されます。

    注記

    FIPS で検証済み/進行中のモジュール (Modules in Process) 暗号ライブラリーを使用する OpenShift Container Platform クラスターを x86_64 アーキテクチャーにインストールする予定の場合は、ed25519 アルゴリズムを使用するキーは作成しないでください。代わりに、rsa アルゴリズムまたは ecdsa アルゴリズムを使用するキーを作成します。

  2. ssh-agent プロセスをバックグラウンドタスクとして開始します。

    $ eval "$(ssh-agent -s)"

    出力例

    Agent pid 31874

    注記

    クラスターが FIPS モードにある場合は、FIPS 準拠のアルゴリズムのみを使用して SSH キーを生成します。鍵は RSA または ECDSA のいずれかである必要があります。

  3. SSH プライベートキーを ssh-agent に追加します。

    $ ssh-add <path>/<file_name> 1

    出力例

    Identity added: /home/<you>/<path>/<file_name> (<computer_name>)

    1
    ~/.ssh/id_rsa などの、SSH プライベートキーのパスおよびファイル名を指定します。

次のステップ

  • OpenShift Container Platform をインストールする際に、SSH パブリックキーをインストールプログラムに指定します。

13.1.8. インストールプログラムの取得

OpenShift Container Platform をインストールする前に、インストールファイルをプロビジョニングマシンにダウンロードします。

前提条件

  • Linux を実行するマシン(例: 500 MB のローカルディスク領域のある Red Hat Enterprise Linux 8) が必要です。

手順

  1. Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの Infrastructure Provider ページにアクセスします。Red Hat アカウントがある場合は、認証情報を使ってログインします。アカウントがない場合はこれを作成します。
  2. インフラストラクチャープロバイダーを選択します。
  3. 選択するインストールタイプのページに移動し、オペレーティングシステムのインストールプログラムをダウンロードし、ファイルをインストール設定ファイルを保存するディレクトリーに配置します。

    重要

    インストールプログラムは、クラスターのインストールに使用するコンピューターにいくつかのファイルを作成します。クラスターのインストール完了後は、インストールプログラムおよびインストールプログラムが作成するファイルを保持する必要があります。ファイルはいずれもクラスターを削除するために必要になります。

    重要

    インストールプログラムで作成されたファイルを削除しても、クラスターがインストール時に失敗した場合でもクラスターは削除されません。クラスターを削除するには、特定のクラウドプロバイダー用の OpenShift Container Platform のアンインストール手順を実行します。

  4. インストールプログラムを展開します。たとえば、Linux オペレーティングシステムを使用するコンピューターで以下のコマンドを実行します。

    $ tar xvf openshift-install-linux.tar.gz
  5. Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの「Pull Secret」ページから、インストールプルシークレットを .txt ファイルとしてダウンロードします。このプルシークレットを使用し、OpenShift Container Platform コンポーネントのコンテナーイメージを提供する Quay.io など、組み込まれた各種の認証局によって提供されるサービスで認証できます。

13.1.9. クラスターのデプロイ

互換性のあるクラウドプラットフォームに OpenShift Container Platform をインストールできます。

重要

インストールプログラムの create cluster コマンドは、初期インストール時に 1 回だけ実行できます。

前提条件

  • インストーラーを実行するマシンから ovirt-imageio ポートを Manager へのポートを開放する。デフォルトでは、ポートは 54322 です。
  • OpenShift Container Platform インストールプログラム、およびクラスターのプルシークレットを取得します。

手順

  1. インストールプログラムが含まれるディレクトリーに切り替え、クラスターのデプロイメントを初期化します。

    $ ./openshift-install create cluster --dir=<installation_directory> \ 1
        --log-level=info 2
    1
    <installation_directory> の場合、インストールプログラムが作成するファイルを保存するためにディレクトリー名を指定します。
    2
    異なるインストールの詳細情報を表示するには、info ではなく、warndebug、または error を指定します。
    重要

    空のディレクトリーを指定します。ブートストラップ X.509 証明書などの一部のインストールアセットの有効期限は短く設定されているため、インストールディレクトリーを再利用することができません。別のクラスターインストールの個別のファイルを再利用する必要がある場合は、それらをディレクトリーにコピーすることができます。ただし、インストールアセットのファイル名はリリース間で変更される可能性があります。インストールファイルを以前のバージョンの OpenShift Container Platform からコピーする場合は注意してコピーを行ってください。

    インストールプログラムのプロンプトに対応します。

    1. オプション: SSH Public Key には、 パスワードなしのパブリックキー (例: ~/.ssh/id_rsa.pub) を選択します。このキーは、新規 OpenShift Container Platform クラスターとの接続を認証します。

      注記

      インストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要のある実稼働用の OpenShift Container Platform クラスターには、ssh-agent プロセスが使用する SSH キーを選択します。

    2. Platform には、ovirt を選択します。
    3. Engine FQDN[:PORT] に、RHV 環境の完全修飾ドメイン名 (FQDN) を入力します。

      以下は例になります。

      rhv-env.virtlab.example.com:443
    4. インストーラーは CA 証明書を自動的に生成します。Would you like to use the above certificate to connect to the Manager? では、y または N のいずれかで回答します。N と回答する場合は、OpenShift Container Platform を非セキュアモードでインストールする必要があります。
    5. Engine username には、この形式を使用して RHV 管理者のユーザー名およびプロファイルを入力します。

      <username>@<profile> 1
      1
      <username>に、RHV 管理者のユーザー名を指定します。<profile> には、ログインプロファイルを指定します。ログインプロファイルは、RHV Administration Portal ログインページに移動し、 Profile ドロップダウンリストで確認できます。例: admin@internal
    6. Engine password に、RHV 管理者パスワードを入力します。
    7. Cluster には、OpenShift Container Platform をインストールするための RHV クラスターを選択します。
    8. Storage domain には、OpenShift Container Platform をインストールするためのストレージドメインを選択します。
    9. Network には、RHV Manager REST API へのアクセスのある仮想ネットワークを選択します。
    10. Internal API Virtual IP に、クラスターの REST API とは別の静的 IP アドレスを入力します。
    11. Ingress virtual IP に、ワイルドカードアプリドメイン用に予約した静的 IP アドレスを入力します。
    12. Base Domain に、OpenShift Container Platform クラスターのベースドメインを入力します。このクラスターが外部に公開される場合、これは DNS インフラストラクチャーが認識する有効なドメインである必要があります。たとえば、virtlab.example.com を入力します。
    13. Cluster Name に、クラスターの名前を入力します。例: my-clusterOpenShift Container Platform REST API およびアプリケーションドメイン名向けに作成した外部登録/解決可能な DNS エントリーのクラスター名を使用します。インストールプログラムは、この名前を RHV 環境のクラスターにも指定します。
    14. Pull secret には、先にダウンロードした pull-secret.txt ファイルからプルシークレットをコピーし、ここに貼り付けます。Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの「Pull Secret」ページから同じプルシークレットのコピーを取得することもできます。
    注記

    ホストに設定した AWS アカウントにクラスターをデプロイするための十分なパーミッションがない場合、インストールプログラムは停止し、不足しているパーミッションが表示されます。

    クラスターのデプロイメントが完了すると、Web コンソールへのリンクや kubeadmin ユーザーの認証情報を含む、クラスターにアクセスするための指示がターミナルに表示されます。

    出力例

    ...
    INFO Install complete!
    INFO To access the cluster as the system:admin user when using 'oc', run 'export KUBECONFIG=/home/myuser/install_dir/auth/kubeconfig'
    INFO Access the OpenShift web-console here: https://console-openshift-console.apps.mycluster.example.com
    INFO Login to the console with user: "kubeadmin", and password: "4vYBz-Ee6gm-ymBZj-Wt5AL"
    INFO Time elapsed: 36m22s

    注記

    クラスターアクセスおよび認証情報の情報は、インストールが正常に実行される際に <installation_directory>/.openshift_install.log に出力されます。

    重要

    インストールプログラムが生成する Ignition 設定ファイルには、24 時間が経過すると期限切れになり、その後に更新される証明書が含まれます。証明書を更新する前にクラスターが停止し、24 時間経過した後にクラスターを再起動すると、クラスターは期限切れの証明書を自動的に復元します。例外として、kubelet 証明書を回復するために保留状態の node-bootstrapper 証明書署名要求 (CSR)を手動で承認する必要があります。詳細は、コントロールプレーン証明書の期限切れの状態からのリカバリー についてのドキュメントを参照してください。

    重要

    インストールプログラム、またはインストールプログラムが作成するファイルを削除することはできません。これらはいずれもクラスターを削除するために必要になります。

重要

クラスターのインストールに必要な手順を完了している必要があります。残りの手順では、クラスターを検証し、インストールのトラブルシューティングを行う方法を説明します。

13.1.10. バイナリーのダウンロードによる OpenShift CLI のインストール

コマンドラインインターフェースを使用して OpenShift Container Platform と対話するために CLI (oc) をインストールすることができます。oc は Linux、Windows、または macOS にインストールできます。

重要

以前のバージョンの oc をインストールしている場合、これを使用して OpenShift Container Platform 4.7 のすべてのコマンドを実行することはできません。新規バージョンの oc をダウンロードし、インストールします。

13.1.10.1. Linux への OpenShift CLI のインストール

以下の手順を使用して、OpenShift CLI (oc) バイナリーを Linux にインストールできます。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの OpenShift Container Platform ダウンロードページ に移動します。
  2. Version ドロップダウンメニューで適切なバージョンを選択します。
  3. OpenShift v4.7 Linux Client エントリーの横にある Download Now をクリックして、ファイルを保存します。
  4. アーカイブを展開します。

    $ tar xvzf <file>
  5. oc バイナリーを、PATH にあるディレクトリーに配置します。

    PATH を確認するには、以下のコマンドを実行します。

    $ echo $PATH

OpenShift CLI のインストール後に、oc コマンドを使用して利用できます。

$ oc <command>

13.1.10.2. Windows への OpenShift CLI のインストール

以下の手順を使用して、OpenShift CLI (oc) バイナリーを Windows にインストールできます。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの OpenShift Container Platform ダウンロードページ に移動します。
  2. Version ドロップダウンメニューで適切なバージョンを選択します。
  3. OpenShift v4.7 Windows Client エントリーの横にある Download Now をクリックして、ファイルを保存します。
  4. ZIP プログラムでアーカイブを解凍します。
  5. oc バイナリーを、PATH にあるディレクトリーに移動します。

    PATH を確認するには、コマンドプロンプトを開いて以下のコマンドを実行します。

    C:\> path

OpenShift CLI のインストール後に、oc コマンドを使用して利用できます。

C:\> oc <command>

13.1.10.3. macOC への OpenShift CLI のインストール

以下の手順を使用して、OpenShift CLI (oc) バイナリーを macOS にインストールできます。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの OpenShift Container Platform ダウンロードページ に移動します。
  2. Version ドロップダウンメニューで適切なバージョンを選択します。
  3. OpenShift v4.7 MacOSX Client エントリーの横にある Download Now をクリックして、ファイルを保存します。
  4. アーカイブを展開し、解凍します。
  5. oc バイナリーをパスにあるディレクトリーに移動します。

    PATH を確認するには、ターミナルを開き、以下のコマンドを実行します。

    $ echo $PATH

OpenShift CLI のインストール後に、oc コマンドを使用して利用できます。

$ oc <command>

詳細は、「Getting started with the OpenShift CLI」を参照してください。

13.1.11. CLI の使用によるクラスターへのログイン

クラスター kubeconfig ファイルをエクスポートし、デフォルトシステムユーザーとしてクラスターにログインできます。kubeconfig ファイルには、クライアントを正しいクラスターおよび API サーバーに接続するために CLI で使用されるクラスターについての情報が含まれます。このファイルはクラスターに固有のファイルであり、OpenShift Container Platform のインストール時に作成されます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターをデプロイしていること。
  • oc CLI をインストールしていること。

手順

  1. kubeadmin 認証情報をエクスポートします。

    $ export KUBECONFIG=<installation_directory>/auth/kubeconfig 1
    1
    <installation_directory> には、インストールファイルを保存したディレクトリーへのパスを指定します。
  2. エクスポートされた設定を使用して、oc コマンドを正常に実行できることを確認します。

    $ oc whoami

    出力例

    system:admin

関連情報

13.1.12. クラスターステータスの確認

インストール時またはインストール後に OpenShift Container Platform クラスターのステータスを確認することができます。

手順

  1. クラスター環境で、管理者の kubeconfig ファイルをエクスポートします。

    $ export KUBECONFIG=<installation_directory>/auth/kubeconfig 1
    1
    <installation_directory> には、インストールファイルを保存したディレクトリーへのパスを指定します。

    kubeconfig ファイルには、クライアントを正しいクラスターおよび API サーバーに接続するために CLI で使用されるクラスターについての情報が含まれます。

  2. デプロイメント後に作成されたコントロールプレーンおよびコンピュートマシンを表示します。

    $ oc get nodes
  3. クラスターのバージョンを表示します。

    $ oc get clusterversion
  4. Operator のステータスを表示します。

    $ oc get clusteroperator
  5. クラスター内のすべての実行中の Pod を表示します。

    $ oc get pods -A

トラブルシューティング

インストールが失敗すると、インストールプログラムがタイムアウトし、エラーメッセージが表示されます。詳細は、「インストールに関する問題のトラブルシューティング」を参照してください。

13.1.13. RHV での OpenShift Container Platform Web コンソールへのアクセス

OpenShift Container Platform クラスターの初期化後に、OpenShift Container Platform Web コンソールにログインできます。

手順

  1. オプション: Red Hat Virtualization (RHV) Administration Portal で、ComputeCluster を開きます。
  2. インストールプログラムが仮想マシンを作成することを確認します。
  3. インストールプログラムが実行されているコマンドラインに戻ります。インストールプログラムが完了すると、OpenShift Container Platform Web コンソールにログインするためのユーザー名およびパスワードの一時パスワードが表示されます。
  4. ブラウザーから OpenShift Container Platform の Web コンソールの URL を開きます。URL は以下の形式を使用します。

    console-openshift-console.apps.<clustername>.<basedomain> 1
    1
    <clustername>.<basedomain> に、クラスター名およびベースドメインを指定します。

    以下は例になります。

    console-openshift-console.apps.my-cluster.virtlab.example.com

13.1.14. OpenShift Container Platform の Telemetry アクセス

OpenShift Container Platform 4.7 では、クラスターの健全性および正常に実行された更新についてのメトリクスを提供するためにデフォルトで実行される Telemetry サービスにもインターネットアクセスが必要です。クラスターがインターネットに接続されている場合、Telemetry は自動的に実行され、クラスターは Red Hat OpenShift Cluster Manager (OCM) に登録されます。

Red Hat OpenShift Cluster Manager インベントリーが Telemetry によって自動的に維持されるか、または OCM を手動で使用しているかのいずれによって正常であることを確認した後に、subscription watch を使用して、アカウントまたはマルチクラスターレベルで OpenShift Container Platform サブスクリプションを追跡します。

関連情報

13.1.15. Red Hat Virtualization (RHV) へのインストールに関するよくある問題のトラブルシューティング

以下に、一般的な問題およびそれらについて考えられる原因および解決策を記載します。

13.1.15.1. CPU 負荷が増大し、ノードが Not Ready 状態になる

  • 現象: CPU 負荷が大幅に増大し、ノードが Not Ready 状態に切り替わり始める。
  • 原因: 特にコントロールプレーンノード (別名マスターノード) の場合、ストレージドメインのレイテンシーが高すぎる可能性があります。
  • 解決策:

    Kubelet サービスを再起動して、ノードを再度 Ready 状態にします。

    $ systemctl restart kubelet

    OpenShift Container Platform メトリクスサービスを検査します。これは、etcd ディスクの同期期間などの有用なデータを収集し、これについて報告します。クラスターが機能している場合は、このデータを使用して、ストレージのレイテンシーまたはスループットが根本的な問題かどうかを判断します。その場合、レイテンシーが短く、スループットの高いストレージリソースの使用を検討してください。

    未加工メトリクスを取得するには、kubeadmin または cluster-admin 権限を持つユーザーで以下のコマンドを実行します。

    $ oc get --insecure-skip-tls-verify --server=https://localhost:<port> --raw=/metrics

    詳細は、「Exploring Application Endpoints for the purposes of Debugging with OpenShift 4.x」を参照してください。

13.1.15.2. OpenShift Container Platform クラスター API に接続できない

  • 現象: インストールプログラムは完了するが、OpenShift Container Platform クラスター API は利用できない。ブートストラップの仮想マシンは、ブートストラッププロセスの完了後も起動した状態になります。以下のコマンドを入力すると、応答がタイムアウトします。

    $ oc login -u kubeadmin -p *** <apiurl>
  • 原因: ブートストラップ仮想マシンがインストールプログラムによって削除されず、クラスターの API IP アドレスをリリースしない。
  • 解決策: wait-for サブコマンドを使用して、ブートストラッププロセスの完了時に通知を受信する。

    $ ./openshift-install wait-for bootstrap-complete

    ブートストラッププロセスが完了したら、ブートストラップ仮想マシンを削除します。

    $ ./openshift-install destroy bootstrap

13.1.16. インストール後のタスク

OpenShift Container Platform クラスターの初期化後に、以下のタスクを実行できます。

  • オプション: デプロイメント後に、OpenShift Container Platform で Machine Config Operator (MCO) を使用して SSH キーを追加するか、または置き換えます。
  • オプション: kubeadmin ユーザーを削除します。代わりに、認証プロバイダーを使用して cluster-admin 権限を持つユーザーを作成します。