第6章 GCP へのインストール

6.1. GCP プロジェクトの設定

OpenShift Container Platform をインストールする前に、これをホストするように Google Cloud Platform (GCP) プロジェクトを設定する必要があります。

6.1.1. GCP プロジェクトの作成

OpenShift Container Platform をインストールするには、クラスターをホストするために Google Cloud Platform (GCP) アカウントでプロジェクトを作成する必要があります。

手順

  • OpenShift Container Platform クラスターをホストするプロジェクトを作成します。GCP ドキュメントの「プロジェクトの作成と管理」を参照してください。

    重要

    GCP プロジェクトは、インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用している場合には、Premium Network Service 階層を使用する必要があります。インストールプログラムを使用してインストールしたクラスターでは、Standard Network Service 階層はサポートされません。インストールプログラムは、api-int.<cluster_name>.<base_domain> の内部負荷分散を設定します。内部負荷分散には Premium Tier が必要です。

6.1.2. GCP での API サービスの有効化

Google Cloud Platform (GCP) プロジェクトでは、OpenShift Container Platform インストールを完了するために複数の API サービスへのアクセスが必要です。

前提条件

  • クラスターをホストするプロジェクトを作成しています。

手順

  • クラスターをホストするプロジェクトで以下の必要な API サービスを有効にします。GCP ドキュメントの「サービスの有効化」を参照してください。

    表6.1 必要な API サービス

    API サービスコンソールサービス名

    Compute Engine API

    compute.googleapis.com

    Google Cloud API

    cloudapis.googleapis.com

    Cloud Resource Manager API

    cloudresourcemanager.googleapis.com

    Google DNS API

    dns.googleapis.com

    IAM Service Account Credentials API

    iamcredentials.googleapis.com

    Identity and Access Management (IAM) API

    iam.googleapis.com

    Service Management API

    servicemanagement.googleapis.com

    Service Usage API

    serviceusage.googleapis.com

    Google Cloud Storage JSON API

    storage-api.googleapis.com

    Cloud Storage

    storage-component.googleapis.com

6.1.3. GCP の DNS の設定

OpenShift Container Platform をインストールするには、使用する Google Cloud Platform (GCP) アカウントに、OpenShift Container Platform クラスターをホストする同じプロジェクトに専用のパブリックホストゾーンがなければなりません。このゾーンはドメインに対する権威を持っている必要があります。DNS サービスは、クラスターへの外部接続のためのクラスターの DNS 解決および名前検索を提供します。

手順

  1. ドメイン、またはサブドメイン、およびレジストラーを特定します。既存のドメインおよびレジストラーを移行するか、GCP または他のソースから新規のものを取得できます。

    注記

    新規ドメインを購入する場合、関連する DNS の変更が伝播するのに時間がかかる場合があります。Google 経由でドメインを購入する方法についての詳細は、「 Google ドメイン」を参照してください。

  2. GCP プロジェクトにドメインまたはサブドメインのパブリックホストゾーンを作成します。GCP ドキュメントの「ゾーンの管理」を参照してください。

    openshiftcorp.com などのルートドメインや、 clusters.openshiftcorp.com などのサブドメインを使用します。

  3. ホストゾーンレコードから新規の権威ネームサーバーを抽出します。GCP ドキュメントの「Cloud DNS ネームサーバーを検索する」を参照してください。

    通常は、4 つのネームサーバーがあります。

  4. ドメインが使用するネームサーバーのレジストラーレコードを更新します。たとえば、ドメインを Google ドメインに登録している場合は、Google Domains Help で「How to switch to custom name servers」のトピックを参照してください。
  5. ルートドメインを Google Cloud DNS に移行している場合は、DNS レコードを移行します。GCP ドキュメントの「Cloud DNS への移行」を参照してください。
  6. サブドメインを使用する場合は、所属する会社の手順に従ってその委任レコードを親ドメインに追加します。このプロセスには、所属企業の IT 部門や、会社のルートドメインと DNS サービスを制御する部門へのリクエストが含まれる場合があります。

6.1.4. GCP アカウントの制限

OpenShift Container Platform クラスターは多くの Google Cloud Platform (GCP) コンポーネントを使用しますが、デフォルトの 割り当て (Quota) はデフォルトの OpenShift Container Platform クラスターをインストールする機能に影響を与えません。

3 つのコンピュートマシンおよび 3 つのコントロールプレーンマシンが含まれるデフォルトクラスターは以下のリソースを使用します。一部のリソースはブートストラッププロセス時にのみ必要となり、クラスターのデプロイ後に削除されることに注意してください。

表6.2 デフォルトのクラスターで使用される GCP リソース

サービスコンポーネント場所必要なリソースの合計ブートストラップ後に削除されるリソース

サービスアカウント

IAM

グローバル

5

0

ファイアウォールのルール

コンピュート

グローバル

11

1

転送ルール

コンピュート

グローバル

2

0

使用中のグローバル IP アドレス

コンピュート

グローバル

4

1

ヘルスチェック

コンピュート

グローバル

3

0

イメージ

コンピュート

グローバル

1

0

ネットワーク

コンピュート

グローバル

2

0

静的 IP アドレス

コンピュート

リージョン

4

1

ルーター

コンピュート

グローバル

1

0

ルート

コンピュート

グローバル

2

0

サブネットワーク

コンピュート

グローバル

2

0

ターゲットプール

コンピュート

グローバル

3

0

CPU

コンピュート

リージョン

28

4

永続ディスク SSD (GB)

コンピュート

リージョン

896

128

注記

インストール時にクォータが十分ではない場合、インストールプログラムは超過したクォータとリージョンの両方を示すエラーを表示します。

実際のクラスターサイズ、計画されるクラスターの拡張、およびアカウントに関連付けられた他のクラスターからの使用法を考慮してください。CPU、静的 IP アドレス、および永続ディスク SSD(ストレージ)のクォータは、ほとんどの場合に不十分になる可能性のあるものです。

以下のリージョンのいずれかにクラスターをデプロイする予定の場合、ストレージクォータの最大値を超え、CPU クォータ制限を超える可能性が高くなります。

  • asia-east2
  • asia-northeast2
  • asia-south1
  • australia-southeast1
  • europe-north1
  • europe-west2
  • europe-west3
  • europe-west6
  • northamerica-northeast1
  • southamerica-east1
  • us-west2

GCP コンソールからリソースクォータを増やすことは可能ですが、サポートチケットを作成する必要がある場合があります。OpenShift Container Platform クラスターをインストールする前にサポートチケットを解決できるように、クラスターのサイズを早期に計画してください。

6.1.5. GCP でのサービスアカウントの作成

OpenShift Container Platform には、Google API でデータにアクセスするための認証および承認を提供する Google Cloud Platform (GCP) サービスアカウントが必要です。プロジェクトに必要なロールが含まれる既存の IAM サービスアカウントがない場合は、これを作成する必要があります。

前提条件

  • クラスターをホストするプロジェクトを作成しています。

手順

  1. OpenShift Container Platform クラスターをホストするために使用するプロジェクトでサービスアカウントを作成します。GCP ドキュメントで「サービスアカウントの作成」を参照してください。
  2. サービスアカウントに適切なパーミッションを付与します。付随する個別のパーミッションを付与したり、オーナーロールをこれに割り当てることができます。「特定のリソースのサービスアカウントへの役割の付与」を参照してください。

    注記

    サービスアカウントをプロジェクトの所有者にすることが必要なパーミッションを取得する最も簡単な方法になります。 つまりこれは、サービスアカウントはプロジェクトを完全に制御できることを意味します。この権限を提供することに伴うリスクが受け入れ可能であるかどうかを判別する必要があります。

  3. JSON 形式でサービスアカウントキーを作成します。GCP ドキュメントの「サービスアカウントキーの作成」を参照してください。

    クラスターを作成するには、サービスアカウントキーが必要になります。

6.1.5.1. 必要な GCP パーミッション

作成するサービスアカウントにオーナーロールを割り当てると、OpenShift Container Platform のインストールに必要なパーミッションも含め、そのサービスアカウントにすべてのパーミッションが付与されます。OpenShift Container Platform クラスターをデプロイするには、サービスアカウントに以下のパーミッションが必要です。クラスターを既存の VPC にデプロイする場合、サービスアカウントでは一部のネットワークのパーミッションを必要としません。これについては、以下の一覧に記載されています。

インストールプログラムに必要なロール

  • Compute 管理者
  • セキュリティー管理者
  • サービスアカウント管理者
  • サービスアカウントユーザー
  • ストレージ管理者

インストール時のネットワークリソースの作成に必要なロール

  • DNS 管理者

オプションのロール

クラスターで Operator の制限された認証情報を新たに作成できるようにするには、以下のロールを追加します。

  • サービスアカウントキー管理者

ロールは、コントロールプレーンおよびコンピュートマシンが使用するサービスアカウントに適用されます。

表6.3 GCP サービスアカウントのパーミッション

アカウントロール

コントロールプレーン

roles/compute.instanceAdmin

roles/compute.networkAdmin

roles/compute.securityAdmin

roles/storage.admin

roles/iam.serviceAccountUser

コンピュート

roles/compute.viewer

roles/storage.admin

6.1.6. サポートされている GCP リージョン

OpenShift Container Platform クラスターを以下の Google Cloud Platform (GCP) リージョンにデプロイできます。

  • asia-east1 (Changhua County, Taiwan)
  • asia-east2 (Hong Kong)
  • asia-northeast1 (Tokyo, Japan)
  • asia-northeast2 (Osaka, Japan)
  • asia-northeast3 (Seoul, South Korea)
  • asia-south1 (Mumbai, India)
  • asia-southeast1 (Jurong West, Singapore)
  • asia-southeast2 (Jakarta, Indonesia)
  • australia-southeast1 (Sydney, Australia)
  • europe-north1 (Hamina, Finland)
  • europe-west1 (St. Ghislain, Belgium)
  • europe-west2 (London, England, UK)
  • europe-west3 (Frankfurt, Germany)
  • europe-west4 (Eemshaven, Netherlands)
  • europe-west6 (Zürich, Switzerland)
  • northamerica-northeast1 (Montréal, Québec, Canada)
  • southamerica-east1 (São Paulo, Brazil)
  • us-central1 (Council Bluffs, Iowa, USA)
  • us-east1 (Moncks Corner, South Carolina, USA)
  • us-east4 (Ashburn, Northern Virginia, USA)
  • us-west1 (The Dalles, Oregon, USA)
  • us-west2 (Los Angeles, California, USA)
  • us-west3 (Salt Lake City, Utah, USA)
  • us-west4 (Las Vegas, Nevada, USA)

6.1.7. 次のステップ