8.3.7.4. pull-secret のコピーおよび更新 (オプション)

プロビジョナーノードからレジストリーノードにプルシークレットファイルをコピーし、これを新規レジストリーノードの認証情報を含めるように変更します。

手順

  1. pull-secret.txt ファイルをコピーします。

    $ scp kni@provisioner:/home/kni/pull-secret.txt pull-secret.txt
  2. host_fqdn 環境変数をレジストリーノードの完全修飾ドメイン名で更新します。

    $ host_fqdn=$( hostname --long )
  3. htpasswd ファイルの作成に使用される http 認証情報の base64 エンコーディングで b64auth 環境変数を更新します。

    $ b64auth=$( echo -n '<username>:<passwd>' | openssl base64 )

    <username> をユーザー名に、<passwd> をパスワードに置き換えます。

  4. base64 承認文字列を使用するように AUTHSTRING 環境変数を設定します。$USER 変数は、現行ユーザーの名前が含まれる環境変数です。

    $ AUTHSTRING="{\"$host_fqdn:5000\": {\"auth\": \"$b64auth\",\"email\": \"$USER@redhat.com\"}}"
  5. pull-secret.txt ファイルを更新します。

    $ jq ".auths += $AUTHSTRING" < pull-secret.txt > pull-secret-update.txt