4.2.3. レジストリーオプション

コンテナーレジストリーはコンテナーイメージを保管する場所です。ここから、コンテナーイメージを他の人と共有したり、最終的に実行するプラットフォームで使用できるようにしたりできます。無料アカウントを提供する大規模なパブリックコンテナーレジストリーや、容量の大きいストレージや特殊な機能を備えたプレミアムバージョンを選択することができます。また、ご自身の組織にのみ限定される独自のレジストリーをインストールしたり、共有する相手を選択して独自のレジストリーをインストールすることもできます。

Red Hat のイメージおよび認定パートナーのイメージを取得するには、Red Hat レジストリーから取り出すことができます。Red Hat レジストリーは、認証されていない非推奨の registry.access.redhat.com、および認証が必要な registry.redhat.io の2つの場所によって表わされます。Container images section of the Red Hat Ecosystem Catalog で、Red Hat レジストリーの Red Hat イメージおよびパートナーのイメージを確認することができます。これは、Red Hat コンテナーイメージのを一覧表示するだけでなく、適用されたセキュリティーアップデートに基づくヘルススコアなどの、これらのイメージのコンテンツと品質に関する広範な情報も表示します。

大規模なパブリックレジストリーには、Docker Hub および Quay.io が含まれます。Quay.io レジストリーは Red Hat が所有し、管理しています。OpenShift Container Platform で使用されるコンポーネントの多くは Quay.io に保管されます。これには OpenShift Container Platform 自体をデプロイするために使用されるコンテナーイメージおよび Operator が含まれます。Quay.io は、Helm チャートなどの他のタイプのコンテンツを保管する手段ともなります。

専用のプライベートコンテナーレジストリーが必要な場合、OpenShift Container Platform 自体にプライベートコンテナーレジストリーが含まれています。これは、OpenShift Container Platform と共にインストールされ、そのクラスター上で実行されます。また、Red Hat は <blink>Red Hat Quay</blink> と呼ばれるプライベートバージョンの Quay.io レジストリーも提供しています。Red Hat Quay には、geo レプリケーション、Git ビルドトリガー、Clair イメージスキャンなどの機能が含まれています。

ここで言及したすべてのレジストリーでは、これらのレジストリーからイメージをダウンロードする際に認証情報が必要です。これらの認証情報の一部は OpenShift Container Platform のクラスター全体に提供されますが、他の認証情報は個別に割り当てられます。