4.3. OpenShift Container Platform 用の Kubernetes マニフェストの作成

コンテナーイメージは、コンテナー化されたアプリケーション用の基本的なビルディングブロックですが、OpenShift Container Platform などの Kubernetes 環境でそのアプリケーションを管理し、デプロイするには、より多くの情報が必要になります。イメージ作成後に実行される通常の手順は以下のとおりです。

  • Kubernetes Manifest マニフェストで使用する各種リソースを理解する
  • 実行するアプリケーションの種類についての決定
  • サポートコンポーネントの収集
  • マニフェストの作成、およびそのマニフェストの Git リボジトリーへの保管。これにより、マニフェストをソースバージョン管理システムに保管し、監査と追跡、次の環境へのプロモートとデプロイ、必要な場合は以前のバージョンへのロールバックなどを実行でき、これを他者と共有することができます。

4.3.1. Kubernetes Pod およびサービスについて

コンテナーイメージは Docker を使用する基本単位であり、Kubernetes が使用する基本単位は Pod と呼ばれます。Pod はアプリケーションのビルドの次の手順で使用されます。Pod には、1 つ以上のコンテナーを含めることができます。Pod はデプロイやスケーリングおよび管理を実行する単一の単位であることに留意してください。

Pod での実行内容を決定する際に考慮する必要のある主要な点として、スケーラビリティーと namespace を考慮することができます。デプロイメントを容易にするには、コンテナーを Pod にデプロイして、Pod 内に独自のロギングとモニタリングコンテナーを含めることができるかもしれません。後に、Pod を実行し、追加のインスタンスをスケールアップすることが必要になると、それらの他のコンテナーもスケールアップできます。namespace の場合、Pod 内のコンテナーは同じネットワークインターフェース、共有ストレージボリューム、メモリーや CPU などのリソース制限を共有します。これにより、Pod のコンテンツを単一の単位として管理することが容易になります。また Pod 内のコンテナーは、System V セマフォや POSIX 共有メモリーなどの標準的なプロセス間通信を使用することにより、相互に通信することができます。

個々の Pod が Kubernetes 内のスケーラブルな単位を表すのに対し、サービス は、負荷分散などの完全なタスクを実行する完全で安定したアプリケーションを作成するために複数の Pod をグループ化する手段を提供します。 また、サービスは削除されるまで同じIP アドレスで利用可能な状態になるため、Pod より永続性があります。サービスが使用できる状態の場合、サービスは名前で要求され、OpenShift Container Platform クラスターはその名前を IP アドレスとポートに解決し、そこからサービスを構成する Pod に到達することができます。

性質上、コンテナー化されたアプリケーションは、それらが実行されるオペレーティングシステムから分離され、したがってユーザーからも分離されます。Kubernetes マニフェストの一部には、コンテナー化されたアプリケーションとの通信の詳細な制御を可能にするネットワークポリシー を定義して、アプリケーションを内外のネットワークに公開する方法が記述されています。HTTP、HTTPS の受信要求やクラスター外からの他のサービスをクラスター内のサービスに接続するには、Ingress リソースを使用することができます。

コンテナーが、サービスを通じて提供されるデータベースストレージではなくディスク上のストレージを必要とする場合、ボリュームをマニフェストに追加して、そのディスクを Pod で使用可能にすることができます。永続ボリューム(PV)を作成するか、Pod 定義に追加されるボリュームを動的に作成するようにマニフェストを設定することができます。

アプリケーションを構成する Pod のグループを定義した後に、それらの Pod を Deployment および DeploymentConfig オブジェクトで定義することができます。