4.2.2. ベースイメージのオプション

アプリケーションをビルドするために選択するベースイメージには、Linux システムがアプリケーションのように表示されるソフトウェアのセットが含まれます。ユーザーが独自のイメージをビルドする場合、ソフトウェアはそのファイルシステム内に配置され、ファイルシステムはオペレーティングシステムのように表示されます。このベースイメージの選択により、コンテナーの将来の安全性、効率性およびアップグレードの可能性に大きな影響を与えます。

Red Hat は、Red Hat Universal Base Images (UBI) と呼ばれるベースイメージの新たなセットを提供します。これらのベースイメージは、Red Hat Enterprise Linux をベースとし、Red Hat が過去に提供してきたベースイメージに類似したものですが、次の大きな違いがあります。UBI は、Red Hat のサブスクリプションなしの再ディストリビューションが可能です。 そのため、UBI イメージの共有方法を検討したり、環境ごとに異なるイメージを作成する必要なしに、UBI イメージでアプリケーションをビルドすることができます。

これらの UBI イメージは、標準で最小限の init バージョンです。また、Red Hat Software Collections イメージを、Node.js、Perl、Python などの特定のランタイム環境に依存するアプリケーションの基盤として使用することができます。これらのランタイムベースイメージの特殊なバージョンは Source-to-image (S2I) イメージと呼ばれています。S2I イメージを使用して、コードを、そのコードを実行できるベースイメージ環境に挿入することができます。

S2I イメージは、以下の図に示すように、OpenShift Container Platform Web UI のCatalogDeveloper Catalog を選択することにより直接使用することができます。

図4.2 特定のランタイムを必要とするアプリケーションの S2I ベースイメージを選択する

OpenShift Container Platform Developer Catalog