4.3.2. アプリケーションのタイプ

次に、アプリケーションのタイプが、その実行方法にどのように影響するかを検討します。

Kubernetes は、各種のアプリケーションに適した異なるタイプのワークロードのタイプを定義します。アプリケーションに適したワークロードを決定するために、アプリケーションが以下のどのタイプに該当するかを確認してください。

  • 完了まで実行されることが意図されている。 例として、アプリケーションはレポートを作成するために起動される場合、レポートの完了時に終了することが想定されます。このアプリケーションはその後一ヵ月間再度実行されない場合もあります。これらのタイプのアプリケーションに適した OpenShift Container Platform オブジェクトには、Job および CronJob オブジェクトがあります。
  • 継続的に実行することが予想されている。 長時間実行されるアプリケーションの場合、 デプロイメントを作成することができます。
  • 高い可用性が必要。 使用しているアプリケーションに高可用性が必要な場合は、2 つ以上のインスタンスを持てるようにデプロイメントのサイズを設定する必要があります。Deployment または DeploymentConfig オブジェクトの場合、このタイプのアプリケーション用にレプリカセットを組み込むことができます。レプリカセットを使用すると、Pod は複数のノード間で実行され、ワーカーが停止してもアプリケーションを常に利用可能な状態にすることができます。
  • すべてのノード上で実行される必要がある。 Kubernetes アプリケーションのタイプによっては、すべてのマスターまたはワーカーノード上のクラスターで実行することが意図されています。DNS およびモニタリングアプリケーションは、すべてのノード上で継続的に実行する必要があるアプリケーションの例です。このタイプのアプリケーションは、デーモンセットとして実行することができます。また、デーモンセットはノードラベルに基づいて、ノードのサブセット上でも実行できます。
  • ライフサイクル管理を必要とする。 アプリケーションが他者も使用できるようにする場合には、Operator を作成することを検討してください。Operator を使用すると、インテリジェンスを組み込むことが可能となり、自動的なバックアップやアップグレードなどを自動かできます。Operator Lifecycle Manager (OLM) と組み合わせることで、クラスターマネージャーは、Operator を選択された namespace に公開し、クラスター内のユーザーが Operator を実行できるようになります。
  • アイデンティティーまたは番号付けの要件がある。アプリケーションには、アイデンティティーや番号付けの要件がある場合があります。 たとえば、アプリケーションの 3 つのインスタンスのみを実行し、インスタンスに 012 という名前を付けることが求められる場合があります。このアプリケーションには、ステートフルセットが適しています。 ステートフルセットは、データベースや zookeeper クラスターなどの独立したストレージが必要なアプリケーションに最も適しています。