1.2. コントロールプレーンについて

コントロールプレーン は、クラスター内のワーカーノードと Pod を管理します。マシン設定プール (MCP) を使用してノードを設定できます。MCP は、コントロールプレーンコンポーネントやユーザーワークロードなど、それらが処理するリソースに基づくマシンのグループです。OpenShift Container Platform は、ホストに異なるロールを割り当てます。これらのロールは、クラスター内のマシンの機能を定義します。クラスターには、標準のコントロールプレーンとワーカーロールタイプの定義が含まれています。

Operator を使用して、コントロールプレーン上のサービスをパッケージ化、デプロイ、および管理できます。Operator は、以下のサービスを提供するため、OpenShift Container Platform の重要なコンポーネントです。

  • ヘルスチェックを実行する
  • アプリケーションを監視する方法を提供する
  • 無線更新を管理する
  • アプリケーションが指定された状態にとどまるようにする