3.4. Web コンソールを使用したクラスターの更新

更新が利用可能な場合、Web コンソールからクラスターを更新できます。

利用可能な OpenShift Container Platform アドバイザリーおよび更新については、カスタマーポータルの エラータのセクションを参照してください

前提条件

  • admin 権限を持つユーザーとして Web コンソールにアクセスできること。

手順

  1. Web コンソールから、AdministrationCluster Settings をクリックし、Details タブの内容を確認します。
  2. 実稼働クラスターの場合、Channelstable-4.6 などの現在のマイナーバージョンの正しいチャネルに設定されていることを確認します。

    重要

    実稼働クラスターの場合、stable-* または fast-* チャネルにサブスクライブする必要があります。

    • Update StatusUpdates Available ではない場合、クラスターをアップグレードすることはできません。
    • Select Channel は、クラスターが実行されているか、または更新されるクラスターのバージョンを示します。
  3. 利用可能な最新バージョンを選択し、Save をクリックします。

    入力チャネルの Update StatusUpdate to <product-version> in progress に切り替わり、Operator およびノードの進捗バーを監視して、クラスター更新の進捗を確認できます。

    注記

    バージョン 4.y から 4.(y+1)などの次のマイナーバージョンにクラスターをアップグレードする場合、新たな機能に依存するワークロードをデプロイする前にノードがアップグレードされていることを確認することが推奨されます。まだ更新されていないワーカーノードを持つプールは、Cluster Settings ページに表示されます。

  4. 更新が完了し、Cluster Version Operator が利用可能な更新を更新したら、追加の更新が現在のチャネルで利用可能かどうかを確認します。

    • 更新が利用可能な場合は、更新ができなくなるまで、現在のチャネルでの更新を継続します。
    • 利用可能な更新がない場合は、Channel を次のマイナーバージョンの stable-* または fast-* チャネルに切り替え、そのチャネルで必要なバージョンに更新します。

    必要なバージョンに達するまで、いくつかの中間更新を実行する必要がある場合があります。