2.2. 前提条件

2.2.1. OpenShift Update Service向けの セキュリティー保護されたレジストリーへのアクセス設定

リリースイメージがセキュアなレジストリーに含まれている場合には、「イメージレジストリーアクセスの追加トラストストアの設定」の手順を実行して、更新サービスに以下の変更を加えます。

OpenShift Update Service Operator では、設定マップのキー名 updateservice-registry がレジストリー CA 証明書に必要です。

更新サービス向けのイメージレジストリー CA の設定マップの例

apiVersion: v1
kind: ConfigMap
metadata:
  name: my-registry-ca
data:
  updateservice-registry: | 1
    -----BEGIN CERTIFICATE-----
    ...
    -----END CERTIFICATE-----
  registry-with-port.example.com..5000: | 2
    -----BEGIN CERTIFICATE-----
    ...
    -----END CERTIFICATE-----

1
OpenShift Update Service Operator では、設定マップのキー名 updateservice-registry がレジストリー CA 証明書に必要です。
2
レジストリーにポートがある場合 (例: registry-with-port.example.com:5000)、「:」は .. に置き換える必要があります。