Menu Close

4.13.3. VMware vSphere ボリュームの静的プロビジョニング

VMware vSphere ボリュームを静的にプロビジョニングするには、永続ボリュームフレームワークが参照する仮想マシンディスクを作成する必要があります。

前提条件

  • ストレージは、ボリュームとして OpenShift Container Platform にマウントされる前に基礎となるインフラストラクチャーになければなりません。

手順

  1. 仮想マシンディスクを作成します。VMware vSphere ボリュームを静的にプロビジョニングする前に、仮想マシンディスク (VMDK) を手動で作成する必要があります。以下の方法のいずれかを使用します。

    • vmkfstools を使用して作成します。セキュアシェル (SSH) を使用して ESX にアクセスし、以下のコマンドを使用して vmdk ボリュームを作成します。

      $ vmkfstools -c <size> /vmfs/volumes/<datastore-name>/volumes/<disk-name>.vmdk
    • vmware-diskmanager を使用して作成します。

      $ shell vmware-vdiskmanager -c -t 0 -s <size> -a lsilogic <disk-name>.vmdk
  2. VMDK を参照する永続ボリュームを作成します。PersistentVolume オブジェクト定義を使用して pv1.yaml ファイルを作成します。

    apiVersion: v1
    kind: PersistentVolume
    metadata:
      name: pv1 1
    spec:
      capacity:
        storage: 1Gi 2
      accessModes:
        - ReadWriteOnce
      persistentVolumeReclaimPolicy: Retain
      vsphereVolume: 3
        volumePath: "[datastore1] volumes/myDisk"  4
        fsType: ext4  5
    1
    ボリュームの名前。この名前は永続ボリューム要求 (PVC) または Pod で識別されるものです。
    2
    このボリュームに割り当てられるストレージの量。
    3
    vSphere ボリュームの vsphereVolume で使用されるボリュームタイプ。ラベルは vSphere VMDK ボリュームを Pod にマウントするために使用されます。ボリュームの内容はアンマウントされても保持されます。このボリュームタイプは、VMFS データストアと VSAN データストアの両方がサポートされます。
    4
    使用する既存の VMDK ボリューム。vmkfstools を使用した場合、前述のようにボリューム定義で、データストア名を角かっこ [] で囲む必要があります。
    5
    マウントするファイルシステムタイプです。ext4、xfs、または他のファイルシステムなどが例になります。
    重要

    ボリュームをフォーマットしてプロビジョニングした後に fsType パラメーターの値を変更すると、データ損失や Pod にエラーが発生する可能性があります。

  3. ファイルから PersistentVolume オブジェクトを作成します。

    $ oc create -f pv1.yaml
  4. 直前の手順で作成した永続ボリュームにマップする永続ボリューム要求 (PVC) を作成します。PersistentVolumeClaim オブジェクト定義を使用して、ファイル pvc1.yaml を作成します。

    apiVersion: v1
    kind: PersistentVolumeClaim
    metadata:
      name: pvc1 1
    spec:
      accessModes:
        - ReadWriteOnce 2
      resources:
       requests:
         storage: "1Gi" 3
      volumeName: pv1 4
    1
    永続ボリューム要求 (PVC) を表す一意の名前。
    2
    永続ボリューム要求 (PVC) のアクセスモード。ReadWriteOnce では、ボリュームは単一ノードによって読み取り/書き込みパーミッションでマウントできます。
    3
    永続ボリューム要求 (PVC) のサイズ。
    4
    既存の永続ボリュームの名前。
  5. ファイルから PersistentVolumeClaim オブジェクトを作成します。

    $ oc create -f pvc1.yaml

4.13.3.1. VMware vSphere ボリュームのフォーマット

OpenShift Container Platform は、ボリュームをマウントしてコンテナーに渡す前に、PersistentVolume (PV) 定義の fsType パラメーター値で指定されたファイルシステムがボリュームに含まれることを確認します。デバイスが指定されたファイルシステムでフォーマットされていない場合、デバイスのデータはすべて消去され、デバイスはそのファイルシステムで自動的にフォーマットされます。

OpenShift Container Platform は初回の使用前にフォーマットするため、フォーマットされていない vSphere ボリュームを PV として使用できます。