Menu Close

第1章 OpenShift Container Platform ストレージの概要

OpenShift Container Platform は、オンプレミスおよびクラウドプロバイダーの両方で、複数のタイプのストレージをサポートします。OpenShift Container Platform クラスターで、永続データおよび非永続データ用のコンテナーストレージを管理できます。

1.1. ストレージタイプ

OpenShift Container Platform ストレージは、一時ストレージおよび永続ストレージという 2 つのカテゴリーに大別されます。

1.1.1. 一時ストレージ

Pod およびコンテナーは性質上、一時的または遷移的であり、ステートレスアプリケーション用に設計されています。一時ストレージを使用すると、管理者および開発者は一部の操作についてローカルストレージをより適切に管理できるようになります。一時ストレージの概要、タイプ、および管理についての詳細は、一時ストレージについてを参照してください。

1.1.2. 永続ストレージ

コンテナーにデプロイされるステートフルアプリケーションには永続ストレージが必要です。OpenShift Container Platform は、永続ボリューム(PV)と呼ばれる事前にプロビジョニングされたストレージフレームワークを使用して、クラスター管理者が永続ストレージをプロビジョニングできるようにします。これらのボリューム内のデータは、個々の Pod のライフサイクルを超えて存在することができます。開発者は Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)を使用してストレージ要件を要求できます。永続ストレージの概要、設定、およびライフサイクルについての詳細は、「永続ストレージについて」を参照してください。