9.3. Ingress コントローラーの TLS セキュリティープロファイルの設定

Ingress コントローラーの TLS セキュリティープロファイルを設定するには、IngressController カスタムリソース (CR) を編集して、事前定義済みまたはカスタムの TLS セキュリティープロファイルを指定します。TLS セキュリティープロファイルが設定されていない場合、デフォルト値は API サーバーに設定された TLS セキュリティープロファイルに基づいています。

Old TLS のセキュリティープロファイルを設定するサンプル IngressController CR

apiVersion: config.openshift.io/v1
kind: IngressController
 ...
spec:
  tlsSecurityProfile:
    old: {}
    type: Old
 ...

TLS セキュリティープロファイルは、Ingress コントローラーの TLS 接続の最小 TLS バージョンと TLS 暗号を定義します。

設定された TLS セキュリティープロファイルの暗号と最小 TLS バージョンは、Status.Tls Profile 配下の IngressController カスタムリソース (CR) と Spec.Tls Security Profile 配下の設定された TLS セキュリティープロファイルで確認できます。Custom TLS セキュリティープロファイルの場合、特定の暗号と最小 TLS バージョンは両方のパラメーターの下に一覧表示されます。

重要

HAProxy Ingress コントローラーイメージは TLS 1.3 をサポートしません。Modern プロファイルには TLS 1.3 が必要であることから、これはサポートされません。Ingress Operator は Modern プロファイルを Intermediate に変換します。また、Ingress Operator は TLS 1.0Old または Custom プロファイルを 1.1 に変換し、TLS 1.3Custom プロファイルを 1.2 に変換します。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。

手順

  1. openshift-ingress-operator プロジェクトの IngressController CR を編集して、TLS セキュリティープロファイルを設定します。

    $ oc edit IngressController default -n openshift-ingress-operator
  2. spec.tlsSecurityProfile フィールドを追加します。

    Custom プロファイルのサンプル IngressController CR

    apiVersion: operator.openshift.io/v1
    kind: IngressController
     ...
    spec:
      tlsSecurityProfile:
        type: Custom 1
        custom: 2
          ciphers: 3
          - ECDHE-ECDSA-CHACHA20-POLY1305
          - ECDHE-RSA-CHACHA20-POLY1305
          - ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256
          - ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256
          minTLSVersion: VersionTLS11
     ...

    1
    TLS セキュリティープロファイルタイプ (OldIntermediate、または Custom) を指定します。デフォルトは Intermediate です。
    2
    選択したタイプに適切なフィールドを指定します。
    • old: {}
    • intermediate: {}
    • custom:
    3
    custom タイプには、TLS 暗号の一覧と最小許容 TLS バージョンを指定します。
  3. 変更を適用するためにファイルを保存します。

検証

  • IngressController CR にプロファイルが設定されていることを確認します。

    $ oc describe IngressController default -n openshift-ingress-operator

    出力例

    Name:         default
    Namespace:    openshift-ingress-operator
    Labels:       <none>
    Annotations:  <none>
    API Version:  operator.openshift.io/v1
    Kind:         IngressController
     ...
    Spec:
     ...
      Tls Security Profile:
        Custom:
          Ciphers:
            ECDHE-ECDSA-CHACHA20-POLY1305
            ECDHE-RSA-CHACHA20-POLY1305
            ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256
            ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256
          Min TLS Version:  VersionTLS11
        Type:               Custom
     ...