2.10.2. 受付プラグインでのコントロールプレーンの保護

RBAC はユーザーおよびグループと利用可能なプロジェクト間のアクセスルールを制御しますが、受付プラグイン は OpenShift Container Platform マスター API へのアクセスを定義します。受付プラグインは、以下で構成されるルールのチェーンを形成します。

  • デフォルトの受付プラグイン: これは、OpenShift Container Platform コントロールプレーンのコンポーネントに適用されるポリシーおよびリソース制限のデフォルトセットを実装します。
  • 変更用の受付プラグイン: これらのプラグインは受付チェーンを動的に拡張します。これらは Webhook サーバーに対する呼び出しを実行し、要求の認証および選択されたリソースの変更の両方を実行します。
  • 検証用の受付プラグイン: 選択されたリソースの要求を検証し、要求を検証すると共にリソースが再度変更されないようにすることができます。

API 要求はチェーン内の受付プラグインを通過し、途中で失敗した場合には要求が拒否されます。それぞれの受付プラグインは特定のリソースに関連付けられ、それらのリソースの要求にのみ応答します。

2.10.2.1. SCC (Security Context Constraints)

Security Context Constraints (SCC) を使用して、Pod のシステムでの受け入れを可能にするために Pod の実行時に必要となる一連の条件を定義することができます。

以下は、SCC で管理できる分野の一部です。

  • 特権付きコンテナーの実行
  • コンテナーが要求できる機能の追加
  • ホストディレクトリーのボリュームとしての使用
  • コンテナーの SELinux コンテキスト
  • コンテナーのユーザー ID

必要なパーミッションがある場合は、必要に応じてデフォルトの SCC ポリシーの許容度を上げるように調整することができます。