2.2.2. 仮想化とコンテナーの比較

従来の仮想化は、アプリケーション環境を同じ物理ホスト上で分離させた状態にするためのもう 1 つの方法です。ただし、仮想マシンはコンテナーとは異なる方法で動作します。仮想化は、ゲスト仮想マシン (VM) を起動するハイパーバイザーを使用します。 仮想マシンにはそれぞれ、実行中のカーネルで代表される独自のオペレーティングシステム (OS) のほか、実行されるアプリケーションとその依存関係があります。

仮想マシンの場合、ハイパーバイザーはゲスト同士を分離させ、ゲストをホストカーネルから分離します。ハイパーバイザーにアクセスする個々のユーザーおよびプロセスの数は少ないため、物理サーバーで攻撃される対象の規模が縮小します。ただし、この場合もセキュリティーの監視が依然として必要になります。あるゲスト仮想マシンがハイパーバイザーのバグを利用して、別の仮想マシンまたはホストカーネルにアクセスできる可能性があります。また、OS にパッチを当てる必要がある場合は、その OS を使用するすべてのゲスト仮想マシンにパッチを当てる必要があります。

コンテナーはゲスト仮想マシン内で実行可能であり、これが必要になる場合のユースケースもあるでしょう。たとえば、リフトアンドシフト方式でアプリケーションをクラウドに移行するなど、コンテナーに従来型のアプリケーションをデプロイする場合などです。

しかし、単一ホストでのコンテナーの分離は、柔軟性があり、スケーリングしやすいデプロイメントソリューションを提供します。このデプロイメントモデルは、クラウドネイティブなアプリケーションにとくに適しています。コンテナーは通常、仮想マシンよりもはるかに小さいため、メモリーと CPU の消費量が少なくなります。

コンテナーと仮想マシンの違いについては、RHEL 7 コンテナードキュメントの「Linux Containers Compared to KVM Virtualization」を参照してください。