2.3.2. RHCOS のハードニング方法の選択

OpenShift Container Platform での RHCOS システムの直接的な変更は推奨されません。代わりに、ワーカーノードやコントロールプレーンノード (別名マスターノード) などのノードのプールにあるシステムを変更することについて考慮する必要があります。新規ノードが必要な場合、ベアメタル以外のインストールでは、必要なタイプの新規ノードを要求でき、ノードは RHCOS イメージおよび先に行った変更に基づいて作成されます。

インストール前や、インストール時、およびクラスターの稼働後に RHCOS を変更することができます。

2.3.2.1. インストール前のハードニング

ベアメタルのインストールでは、OpenShift Container Platform のインストールを開始する前にハードニング機能を RHCOS に追加できます。たとえば、RHCOS インストーラーの起動時に、SELinux や対称マルチスレッドなどの各種の低レベル設定などのセキュリティー機能をオンまたはオフにするためにカーネルオプションを追加できます。

ベアメタル RHCOS のインストールの場合は難易度が上がりますが、この場合、OpenShift Container Platform インストールを開始する前にオペレーティングシステムの変更を取得することができます。これは、ディスクの暗号化や特別なネットワーク設定など、特定の機能を可能な限り早期に設定する必要がある場合に重要になります。