2.9. コンテナーのデプロイ

各種の手法を使用して、デプロイするコンテナーが最新の実稼働に適した品質のコンテンツを保持し、改ざんされていないことを確認することができます。これらの手法には、最新のコードを組み込むためのビルドトリガーのセットアップやコンテナーが信頼できるソースから取得され、変更されないようにするための署名の使用が含まれます。

2.9.1. トリガーによるコンテナーデプロイメントの制御

ビルドプロセスで何らかの問題が生じる場合や、イメージのデプロイ後に脆弱性が発見される場合に、自動化されるポリシーベースのデプロイのためのツールを使用して修復できます。イメージの再ビルドおよび置き換えはトリガーを使用して実行し、イミュータブルなコンテナーのプロセスを確認できます。 実行中のコンテナーにパッチを当てる方法は推奨されていません。

Secure Deployments

たとえば、3 つのコンテナーイメージ層 (コア、ミドルウェア、アプリケーション) を使用してアプリケーションをビルドするとします。コアイメージに問題が見つかり、そのイメージは再ビルドされました。ビルドが完了すると、イメージは OpenShift Container レジストリーにプッシュされます。OpenShift Container Platform はイメージが変更されたことを検知し、定義されたトリガーに基づいてアプリケーションイメージを自動的に再ビルドし、デプロイします。この変更には修正されたライブラリーが組み込まれ、実稼働コードが最新のイメージと同じ状態になります。

oc set triggers コマンドを使用してデプロイメントトリガーを設定できます。たとえば、deployment-example という名前のデプロイメントのトリガーを設定するには、以下を実行します。

$ oc set triggers deploy/deployment-example \
    --from-image=example:latest \
    --containers=web