2.5. コンプライアンスについて

多くの OpenShift Container Platform のお客様においては、システムが実稼働環境で使用される前に、一定レベルでの規制への対応またはコンプライアンスが必要になります。この規制対応は、国家標準、業界標準または組織の企業ガバナンスフレームワークによって課せられます。

2.5.1. コンプライアンスおよびリスク管理について

FIPS コンプライアンスは、安全な環境で必要とされる最も重要なコンポーネントの 1 つであり、サポートされている暗号化技術のみがノード上で許可されるようにします。

重要

FIPS 検証済み/進行中のモジュール (Modules in Process) 暗号ライブラリーの使用は、x86_64 アーキテクチャーの OpenShift Container Platform デプロイメントでのみサポートされています。

OpenShift Container Platform コンプライアンスフレームワークについての Red Hat のアプローチについては、『OpenShift セキュリティーガイド』の「リスク管理および規制対応」の章を参照してください。