2.8.2. ビルドの管理

Source-to-Image (S2I) を使用して、ソースコードとベースイメージを組み合わせることができます。ビルダーイメージ は S2I を利用し、開発および運用チームの再現可能なビルド環境での協業を可能にします。Red Hat S2I イメージが Universal Base Image (UBI) イメージとして利用可能な場合、実際の RHEL RPM パッケージからビルドされたベースイメージでソフトウェアを自由に再配布できます。Red Hat は、これを可能にするためにサブスクリプションの制限を削除しました。

開発者がビルドイメージを使用して、アプリケーション用に Git でコードをコミットする場合、OpenShift Container Platform は以下の機能を実行できます。

  • コードリポジトリーの Webhook または他の自動化された継続的インテグレーション (CI) プロセスのいずれかで、利用可能なアーティファクト、S2I ビルダーイメージ、および新たにコミットされたコードを使用して新規イメージの自動アセンブルをトリガーします。
  • 新規にビルドしたイメージを自動的にデプロイし、テストします。
  • テスト済みのイメージを実稼働にプロモートします。 ここでは CI プロセスを使用して自動的にデプロイされます。
Source-to-Image Builds

統合された OpenShift Container レジストリーを使用して、最終イメージへのアクセスを管理できます。S2I イメージおよびネイティブビルドイメージの両方は OpenShift Container レジストリーに自動的にプッシュされます。

CI の組み込まれた Jenkins のほかに、独自のビルドおよび CI 環境を RESTful API および API 準拠のイメージレジストリーを使用して OpenShift Container Platform に統合することもできます。