3.3.8. 生成されたサービス証明書の手動によるローテーション

関連付けられたシークレットを削除することにより、サービス証明書をローテーションできます。シークレットを削除すると、新規のシークレットが自動的に作成され、新規証明書が作成されます。

前提条件

  • 証明書とキーのペアを含むシークレットがサービス用に生成されていること。

手順

  1. 証明書を含むシークレットを確認するためにサービスを検査します。これは、以下に示すように serving-cert-secret-name アノテーションにあります。

    $ oc describe service <service_name>

    出力例

    ...
    service.beta.openshift.io/serving-cert-secret-name: <secret>
    ...

  2. サービスの生成されたシークレットを削除します。このプロセスで、シークレットが自動的に再作成されます。

    $ oc delete secret <secret> 1
    1
    <secret> を、直前の手順のシークレットの名前に置き換えます。
  3. 新規シークレットを取得し、AGE を調べて、証明書が再作成されていることを確認します。

    $ oc get secret <service_name>

    出力例

    NAME              TYPE                DATA   AGE
    <service.name>    kubernetes.io/tls   2      1s