6.3.4. デフォルトの File Integrity Operator 設定について

以下は、設定マップの aide.conf キーの抜粋です。

@@define DBDIR /hostroot/etc/kubernetes
@@define LOGDIR /hostroot/etc/kubernetes
database=file:@@{DBDIR}/aide.db.gz
database_out=file:@@{DBDIR}/aide.db.gz
gzip_dbout=yes
verbose=5
report_url=file:@@{LOGDIR}/aide.log
report_url=stdout
PERMS = p+u+g+acl+selinux+xattrs
CONTENT_EX = sha512+ftype+p+u+g+n+acl+selinux+xattrs

/hostroot/boot/    	CONTENT_EX
/hostroot/root/\..* PERMS
/hostroot/root/   CONTENT_EX

FileIntegrity インスタンスのデフォルト設定は、以下のディレクトリー下にあるファイルの範囲を指定します。

  • /root
  • /boot
  • /usr
  • /etc

以下のディレクトリーは対象外です。

  • /var
  • /opt
  • /etc/ 下の一部の OpenShift 固有の除外対象