6.2.5. FileIntegrityNodeStatus CR ステータスタイプ

これらの条件は、対応する FileIntegrityNodeStatus CR ステータスの results 配列で報告されます。

  • Succeeded: 整合性チェックにパスしました。データベースが最後に初期化されてから、AIDE チェックの対象となるファイルおよびディレクトリーは変更されていません。
  • Failed: 整合性チェックにパスしません。データベースが最後に初期化されてから、AIDE チェックの対象となるファイルまたはディレクトリーが変更されています。
  • Errored: AIDE スキャナーで内部エラーが発生しました。

6.2.5.1. FileIntegrityNodeStatus CR の成功例

成功ステータスのある状態の出力例

[
  {
    "condition": "Succeeded",
    "lastProbeTime": "2020-09-15T12:45:57Z"
  }
]
[
  {
    "condition": "Succeeded",
    "lastProbeTime": "2020-09-15T12:46:03Z"
  }
]
[
  {
    "condition": "Succeeded",
    "lastProbeTime": "2020-09-15T12:45:48Z"
  }
]

この場合、3 つのスキャンがすべて正常に実行され、現時点ではその他の状態は存在しません。