5.4.2. イメージストリームの使用

contentImage 参照は有効な ImageStreamTag を参照し、コンプライアンス Operator はコンテンツを自動的に最新の状態に維持します。

注記

さらに、ProfileBundle オブジェクトは ImageStream 参照を受け入れます。

イメージストリームのサンプル

$ oc get is -n openshift-compliance

出力例

NAME           	   IMAGE REPOSITORY                                                                       	TAGS     UPDATED
openscap-ocp4-ds   image-registry.openshift-image-registry.svc:5000/openshift-compliance/openscap-ocp4-ds   latest   32 seconds ago

手順

  1. ルックアップポリシーが local に設定されていることを確認します。

    $ oc patch is openscap-ocp4-ds \
        -p '{"spec":{"lookupPolicy":{"local":true}}}' \
        --type=merge
        imagestream.image.openshift.io/openscap-ocp4-ds patched
        -n openshift-compliance
  2. istag 名を取得して、ProfileBundleImageStreamTag の名前を使用します。

    $ oc get istag -n openshift-compliance

    出力例

    NAME                  	IMAGE REFERENCE                                                                                                                                              	UPDATED
    openscap-ocp4-ds:latest   image-registry.openshift-image-registry.svc:5000/openshift-compliance/openscap-ocp4-ds@sha256:46d7ca9b7055fe56ade818ec3e62882cfcc2d27b9bf0d1cbae9f4b6df2710c96   3 minutes ago

  3. ProfileBundle を作成します。

    $ cat << EOF | oc create -f -
    apiVersion: compliance.openshift.io/v1alpha1
    kind: ProfileBundle
    metadata:
      name: mybundle
       spec:
         contentImage: openscap-ocp4-ds:latest
         contentFile: ssg-rhcos4-ds.xml
    EOF

この ProfileBundle はイメージを追跡し、これに適用される変更 (異なるハッシュを参照するようにタグを更新するなど) は ProfileBundle にただちに反映されます。