7.2. Topology Manager のセットアップ

Topology Manager を使用するには、 cpumanager-enabled カスタムリソース (CR) で割り当てポリシーを設定する必要があります。CPU マネージャーをセットアップしている場合は、このファイルが存在している可能性があります。ファイルが存在しない場合は、作成できます。

前提条件

  • CPU マネージャーのポリシーを static に設定します。「スケーラビリティーおよびパフォーマンス」セクションの「 CPU マネージャーの使用」を参照してください。

手順

Topololgy Manager をアクティブにするには、以下を実行します。

  1. cpumanager-enabled カスタムリソース (CR) で Topology Manager 割り当てポリシーを設定します。

    $ oc edit KubeletConfig cpumanager-enabled
    apiVersion: machineconfiguration.openshift.io/v1
    kind: KubeletConfig
    metadata:
      name: cpumanager-enabled
    spec:
      machineConfigPoolSelector:
        matchLabels:
          custom-kubelet: cpumanager-enabled
      kubeletConfig:
         cpuManagerPolicy: static 1
         cpuManagerReconcilePeriod: 5s
         topologyManagerPolicy: single-numa-node 2
    1
    このパラメーターは static である必要があります。
    2
    選択した Topology Manager 割り当てポリシーを指定します。このポリシーは single-numa-node になります。使用できる値は、defaultbest-effortrestrictedsingle-numa-node です。

関連情報

CPU マネージャーの詳細は、「CPU マネージャーの使用」を参照してください。